ねずみじょうど
『ネズミ浄土』

― 石川県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 とんと昔、あるところに爺(じ)さまと婆(ば)さまとおったと。
 ある日のこと、爺さまが山へ柴刈(しばか)りにいって昼飯(ひるめし)を食べようとしたら、にぎり飯(めし)がコロコロコロッと転がって、穴の中にストンと落ちてしもうた。
ネズミ浄土挿絵:かわさき えり

 「こりゃぁ、しもうた」

 仕方なく木の根っこに腰掛(こしか)けて休んでいたら、それはそれは美しい姉(あね)さまが現(あらわ)れた。
 姉さまは、
 「ただ今はごちそうさまでした。お礼に私の家にご案内(あんない)しますので、目をつぶって背負(おぶ)さりなされ」
というた。
 爺さまが言う通りにすると、間もなく、
 「目を開けてもいいですよ」
という。爺さまが目を開けると、いつのまにか広い立派な御殿(ごてん)の中にいたと。目をまんまるにして見とれていると、姉さまたちが十人も二十人も出て来て、

 テンやイタチやネコさえおらにゃぁ
 ネズミの世の中
 チャンカチャンカ チャンカチャンカ

 と唄(うた)い踊(おど)りながら餅搗(もちつ)きを始めた。爺さまは、
 「姉さまたちはネズミだったか」
と思うたが、それでも餅(もち)は食えるし、踊(おど)りは見られるし、ええ気分だったと。

 そのうち腹もふくれたので、
 「おら、いっぱいごちそうになった。婆さまも待っとることだから、そろそろ家に帰らねば」
というと、さっきの姉さまが箱を一つお土産(みやげ)にくれて、
 「また、目をつぶって私に背負(おぶ)さりなされ」
というた。
 言う通りにして、間もなく下ろしてもらったら、そこは元の木の根っこのところだった。
 爺さまは家に帰り、婆さまと箱を開けてみたら、中にはお金がぎっしりと詰(つ)まっていた。

 爺さまと婆さまが急に金持ちになったので、隣(となり)の爺さが不思議(ふしぎ)がってやってきた。
 「お前(め)たち、どうして金持ちになったんじゃ。わしにも教えて呉(く)ろ」
 爺さまは、 「山に柴刈りに行ったら穴ににぎり飯(めし)を落としてな、これこれこんな訳だ。」
と教えてやったと。
 さあ、これを聞いた隣の爺さは、礼も言わないで、あたふたと家に戻って、婆(ばあ)さににぎり飯をこしらえさせ、早速(さっそく)山へ行った。

 「おお、ここがその穴だな」
というて、にぎり飯を穴の中にポンポン放り投げた。
 「これでよし」
というて、木の根っこに腰掛けて待つほどに、美しい姉さまが現(あらわ)れて、
 「ただ今はごちそうさま・・・」
 「いいんじゃ。わかっとる」
 隣の爺さは、姉さまに終(しま)いまで言わさないで、勝手(かって)に背負(おぶ)さって目をつぶった。

 「さあ、目を開けてもいいですよ」
と言われて目を開けると、聞いた通りの立派な御殿(ごてん)の中だった。姉さまたちが十人も二十人も出て来て

 テンやイタチやネコさえおらにゃぁ
 ネズミの世の中
 チャンカチャンカ チャンカチャンカ

 と唄い踊りながら、餅搗(もちつ)きを始めた。
 隣の爺さは、
 「そうか、姉さまたちはネズミか。ネズミがこんな御殿に住んでいるとはなまいきなこんだ。ようし、ひとつおどかしてこの御殿から追い出してやれ。そのあとでここにある財宝(ざいほう)を残らずもろうていけばええ。そうせば、あの爺さまよりわしの方が金持ちになれる」
と思案(しあん)して、大きな声で
 「ニャオーン」
と叫(さけ)んだ。

 そのとたんに周囲(あたり)は真っ暗になった。すぐにガラガラガラッと御殿が崩(くず)れだして、天井が落ちた。隣の爺さは埋もれてしもうた。
 さあ、隣の爺さは困った。財宝を集めるどころでない。真っ暗な中で、両手であっち堀り、こちい掘りして、身体(からだ)じゅう血だらけになって、ようやく穴の外に這(は)い出たと。

 その頃、家では婆さが屋根の上にのぼって、爺さの帰りを今か今かと待っておった。
 そうしたら、遠くの方から爺さがやって来た。何やら、赤っぽくて、よろけているようだ。
 「ほう、ほう。うちの爺さは赤い着物(べべ)を来て帰ってきた。それに、あのよろけ具合(ぐあい)。さぞかしたんと土産(みやげ)をもろうて来たにちがいない」

 隣の婆さは、大喜びして、屋根から下りると、
 「もう、こんな古いのはいらん」
 いうて、家じゅうの古着(ふるぎ)を、全部(ぜんぶ)燃(も)やしてしもうた。
 ところが、家に帰ってきた爺さは、赤い着物(べべ)ではなく血だらけで真っ赤になった爺さだった。よろけていたのは、息も絶(た)え絶えだったからなんだと。

 なんば味噌(みそ)、あえてくったら辛(から)かった。

ネズミ浄土挿絵:かわさき えり

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

傘の絵(かさのえ)

傘の絵(かさのえ)

むかし、あるところに長者どんがあったと。長者どんは大変物好(ものず)きな人であったと。それを聞きこんで旅の商人(あきんど)が一本の掛(か)け軸(じく…

この昔話を聴く

嫁礁(よめぐり)

嫁礁(よめぐり)

能登半島(のとはんとう)一番先っぽに狼煙(のろし)という所があるがの、この狼煙の沖に暗礁(あんしょう)がありますだ。海岸から四里(よんり)ばかりもあ…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!