くまにたすけられたおとこ
『熊に助けられた男』

― 石川県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに薪伐り(たきぎきり)をして暮らしている男がおったと。
 ある冬に、薪(たきぎ)を伐(き)りに山へ行ったら、急に吹雪(ふぶ)いて、前も後ろも見えんようになったと。
 「こりゃ大事だ。このままでは死んでしまう。どうしたらええか」
 身体(からだ)を丸くして思案(しあん)していたら、ふと、以前に見つけた熊の岩穴(いわあな)のことを思い出した。
 ようやくのことでその岩穴を見つけて中に入ったと。 

 「熊がおらねばいいが」
と祈りながら、奥へいざり寄って目を凝らしてうかがうと、なんと、奥では大っきな熊が寝そべっておって、男の方をじいっとみておるんだと。男は、
 「うぎゃー」
 いうて、逃げようとしたけど腰が抜けて動けん。
 「あう、あう」
 いうて、土をひっかいているだけだと。
 今噛(か)まれるか、今喰(く)われるかと、目をかたくつぶっとったが、熊はいっこうに襲ってこん。おそるおそる目を開いて熊を見ると、熊は、こっちへ来い、というような手まねきをしている。
 男がこわごわ近づくと、熊はその男を自分の腹にかかえ込んで温めてくれたと。
 

 男の腹がクーッと鳴ると、熊は自分の手の掌(ひら)をなめさせた。そしたら不思議なことに、空腹(すきっぱら)がおさまったと。
 外では吹雪が何日も何日も続いて、熊の岩穴の口がすっかり埋(う)まって終(しま)った
 男は熊と一緒に、腹が減ると熊の手の掌をなめて一冬(ひとふゆ)過ごしたと。

挿絵:かわさき えり
 

 やがて、雪が解けはじめて、蕗(ふき)のとうが萌(も)え出るようになったと。そしたら、熊は男を穴の外へ押し出したと。男が、
 「永々(ながなが)、世話になり申した」
というと、熊は、
 「わしがここにおることを誰にも話してくれるな」
というふうに手振りをするのだと。
 「なんの、命を助けてもろうて、決して恩を仇(あだ)では返しません」
 こういうて、男は山を下りて村へ戻ったと。
 村人たちは、てっきり死んだと思っていた男が生きて帰ったので、もう、びっくりするやら、喜ぶやら、大騒ぎだと。
 「永いこと、どうしておったい」
と、どこへ行っても聞かれる。
 男は、つい、
 「熊に助けられて、熊の岩穴で熊の手の掌なめさせてもろうておったや」
というてしもうたと。 

 村人たちは、熊と聞いてはただならん。
 「その熊、なんとしてでも獲らなならん」
と、村中の男たちで槍(やり)を持って山にいったと。
 やがて、その熊を仕留めて、四ツ足を縄(なわ)でくくって棒で担(かつ)いで戻って来た。
 そして、村長(むらおさ)の家の庭に縄をはずして置いたと。
 男がそれを見に行って、熊の前で、ボロボロ涙を落として、
 「おお、お前(め)、悪いことし申した。この手の掌をなめさせてもろうて生かしてもろうたのに、とりかえしのつかねえことをし申した。……ついうっかり言ってしまったばかりに……」
 こういうた時だった。
 いきなり熊の手が男の顔を横なぐりしたと。
 バシッと音がして、その男は死んでしもうたと。

 しんなえも かんなえも とりのくそ 

 挿絵:かわさき えり
 
 

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

二月の部屋(にがつのへや)

二月の部屋(にがつのへや)

むかし、あるところに爺さと婆さが暮らしておったと。ある日、爺さは山へ芝刈(しばか)りに行ったと。梅の古木(ふるぎ)をカッツン、カッツン伐(き)っていると、きれいなお姫様が現れて・・・

この昔話を聴く

三つ目小僧(みつめこぞう)

三つ目小僧(みつめこぞう)

昔、大阪の町に、ひょんな見世物(みせもの)を見せて歩く親方がいよったと。ろくろ首の女とか、腰(こし)から下が魚の人形など、いいかげんにこしらえて本物…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!