へうりじいさ
『屁売りじいさ』

― 石川県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、おじじとおばばが、自分の家の便所の屋根ふきしていたら、屋根ふきワラの中に、稲の穂(ほ)が一本まじってあったと。
 それを見つけたおじじは、
 「おばば、この稲の穂をこのままほうっておくのはもったいない。この穂を家へ持って帰って炒粉(いりこ)にしようかの」
というた。おばばは、
 「はえ、はえ」
というて、その稲の穂一本を家へ持ち帰り、炒鍋(いりなべ)で炒(い)って、石臼(いしうす)で挽(ひ)いて炒粉を作ったと。
 二人でその炒粉をなめていたら、おじじの腹がムズムズしてきた。そして、


 〽 ぶいすここい ぶいすここい
  じいじの宝のチーンチョチンチョ

 という面白い屁が出たと。

屁売りじいさ挿絵:かわさき えり

 「こりゃ面白い屁だ、も一ぺんこいてみよか」
というて、気張(きば)ったら、

 〽 粟(あわ)がら稗(ひえ)がらスッポンポン
  こごめのザラザラ ペンペンペン

 と鳴った。おじじは、
 「こりゃ変わった屁じゃ。おばばや、俺、この屁を町へ行って売って来るわい」
というて町へ売りに行ったと。

 「屁やー、屁やー、屁売りのじいじが来たぞいやー」
というて歩くと、町の人が面白がって、
 「ひとつ買いましょう」
というた。おじじは、
 「こんな道端(みちばた)ではこかれん。座敷(ざしき)へ上がらにゃ」
というて、座敷へ上がって、坐(すわ)り直して気張ったと。そしたら、

 〽 ぶいすここい ぶいすここい
  じいじの宝のチーンチョチンチョ

 と鳴った。

 町の人が何人も集まって来て、手を叩いたと。
 おじじも面白うなってきて、もうひとつこいた。

 〽 粟がら稗がらスッポンポン
  こごめのザクザク ペンペンペン

 と鳴ったから、町の人達は、次々と銭(ぜに)を投げてくれた。
おじじ、ふところに一杯銭入れて、ほくほく顔で家へ戻ってきたと。

 それきりぶっつりかんなます。

屁売りじいさ挿絵:かわさき えり

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

大望は五厘損(たいぼうはごりんそん)

大望は五厘損(たいぼうはごりんそん)

昔、あるところに乞食(ホイト)があったと。ホイトは京都の清水(きよみず)さんに鴻池(こうのいけ)の聟(むこ)にして下さいと願をかけた。縁の下に這入(…

この昔話を聴く

はなたれ小僧さま(はなたれこぞうさま)

はなたれ小僧さま(はなたれこぞうさま)

昔、あるところに、貧乏な爺さと婆さがおったと。年の暮れになれば、年とり米も年とり魚もかわねばならんので、爺さは毎年山へ行っては門松(かどまつ)を取って来て、それを町へ持って行って、売り歩いておったと。

この昔話を聴く

現在622話掲載中!