たにとうげのねこまた
『谷峠の猫又』

― 石川県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あったそうじゃ。
 谷峠(たにとうげ)に人をとって食ってしまう、大変に恐(こわ)い猫又(ねこまた)が棲(す)んでいたと。
 強い侍(さむらい)が幾人(いくにん)も来て、弓矢を射(い)かけるのだが、どれもチンチンはねて、当てることが出来なかった。どんなことをしても捕(とら)えることが出来ず、反対にとって食われてしまうありさまだったと。

 その頃、谷峠の少し下(くだ)ったところに小屋場(こやば)があって、ひとりの婆さが小屋に住まっていたと。
 あるとき、ひとりの侍が、この猫又を退治(たいじ)しようと思い立って、婆さの小屋まで登って来たと。侍が汗(あせ)をふきふき立ち寄ると、婆さは、ことこととお茶を沸(わ)かしていた。婆さ、侍に、
 「どこへ行かっしゃる」
と聞いた。侍は、
 「とても恐い猫又が、この峠に棲むと聞いた。それを捕えてやろうと思うてな、来た」
と言うた。婆さは、
 「そうか、よう来たの。じゃが、お侍さまの手に負(お)えるかな。あの猫又ァ、どんな事ァあっても捕(と)れんと思うがのう」

 「ときに、お前さま、矢を何本持ってござる」
と聞いた。侍は、
 「この婆さ、どうも様子が妙(みょう)だ。それに何で矢の数気にする」
と、奇態(きたい)に思うて、十二本持っていたのを、
 「十本持っている」
と嘘(うそ)を言うたと。それを聞いた婆さ、ニィッと笑(わろ)うて、
 「そりゃとても捕れんじゃ。思いなおしてここから戻らっしゃい」
と言うた。
 「どうでも行く」
と侍が言うと、
 「そうか、そんなら茶ァでも飲んで行きなされ」
と言うて、お茶を出してくれた。

 侍は用心(ようじん)して歯ほじりの木の枝(えだ)をお茶にちょいとつけたら、枝がポーと燃(も)えた。飲めばころっと死ぬところだったと。侍は飲むふりをして、そっと捨(す)てたと。
 「婆さ、じゃましたな」
と声をかけて峠を登って、日の暮れるのを待っていたら、来た。
 下から婆さが、どーと登って来て、その勢いで杉の木の枝にジンと止まったら猫又になった。眼が鏡のようにひかっている。おっそろしげだと。
 「やっぱりそうだったか」
 侍は一の矢を放(はな)った。当たった、と思ったらチリンと鳴(な)ってはね返った。猫又は、
 「一本とった」
と言うた。
 「うむっ」
と、二の矢を射ったら、また、チリンと鳴ってはね返った。
 「二本とった」
 侍は次々と矢を射った。

 猫又は、
 「十本とった。ヒヒヒ、もうなかろ」
と言うたと。猫又は、谷に据(す)えつけてある半鐘(はんしょう)をかぶっていたのだと。侍が十本射ったので安心して半鐘をぬいで、さあ侍に唸(うな)りつこうとした。
谷峠の猫又挿絵:かわさき えり

そのとき、侍は毒(どく)を塗(ぬ)った二本の矢をヒョッ、ヒョッと放った。腰(こし)に当たって、
 「ギャーッ」
と叫(さけ)んで猫又は樹(き)から落ちたと。落ちるなり唸ってどこかへ消えたと。

 侍は夜が明けるのを待って、婆さの小屋へ下りて行ったと。
 「婆さいたか」
と、声をかけると、内から婆さ、弱々しい声で、
 「昨夜(よんべ)から病(や)みだして、命が危(あぶ)ない。逢(あ)うどころじゃない」
と言う。

 侍は、
 「どうでも逢うぞ」
と言うて、寝床(ねどこ)へ無理に入って行った。そして、婆さの着物をひきむいて見たら、腰に毒矢で射られたあとがあった。
 婆さ間なしに死んだと。寝床から婆さを蹴(け)出したら、猫又に変わったと。
 寝床の下をまくったら、床下(ゆかした)に人間の骨(ほね)があった。
 この猫又、十三年前ここの婆さを食うて、なりすましていたのだと。

  それきりちょ。

谷峠の猫又挿絵:かわさき えり

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

天福地福(てんぷくちふく)

天福地福(てんぷくちふく)

昔昔、あるところに正直爺(しょうじきじい)と欲深爺(よくふかじい)とが隣あって暮らしてあった。ある年の正月元旦のこと、正直爺が婆と二人で村の鎮守様(…

この昔話を聴く

湖山長者(こやまちょうじゃ)

湖山長者(こやまちょうじゃ)

むかし、因幡(いなば)の国(くに)、今の鳥取県に湖山長者という大層欲深かな長者がおったと。長者の田んぼは千町もあって、その田んぼを一日で植えるしきた…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!