まめとすみとわら
『豆と炭とワラ』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、あるところにお婆さんがおったと。
 お婆さんは、豆を煮ようと思って、空豆を水につけておいたと。柔らかくふくれたころ、鍋にザランとうつしたのだが、一粒だけコロコロこぼれて、庭の隅まで転がって行ったと。
 お婆さんは、こんどは、たきつけのワラをとりに行った。すると風がフイと吹いて、一本のワラが飛んで、庭の隅の空豆のそばに落ちたと。
 お婆さんは、それからかまどに火を燃やし、豆をコトコト煮ていると、真赤な炭がはねてさっきの豆のそばに飛んで行った。
 そら豆と、炭と、ワラは、三人でお伊勢参りに出かけたと。
 

 挿絵:かわさき えり
 いくがいくが行くうちに、小さい川にぶつかった。が橋が無い。困ったなあ、と考えていると、ワラが、
 「うん、これがいい。わしが一番長いすけ橋になってやる。お前さんらが先に渡ってけや。それからわしを向こう岸へ引き寄せてけれ」
 「せば、そうしてけれ」
 いざ渡る段になると、空豆と炭が、
 「わしが先」「おらが先」
 

 と、けんかを始めた。空豆が負けて炭が勝ったと。
 炭がブスブス言いながら、半分ばかり渡った頃、そら豆が「早よ渡れ!」と、けしかけたので、こんど炭はカンカンになっておこった。
 たまらないのは、橋になっているワラだ。熱くて熱くてたまらない。アチチチ・・・と言いながら、とうとうワラは焼け切れてしまったと。
 炭とワラは、ジュッと声をたてて流されて行く。
 これを見た空豆は、おかしくてたまらない。
 「さっきの罰だぁ」
と、大声で笑った。あんまり笑いすぎて、腹がパチンと裂けてしまったと。困って泣いていると、そこへ裁縫屋が通りかかった。
 「空豆や、なんで泣いている」
と、尋ねたが口もきけない。
 「こりゃ、かわいそうに」
と、黒糸で縫ってくれたそうな。
 ほれ、空豆の腹のところが黒くなっているじゃろが、あれはその時のあとなんだと。

 どんとはらい、ほうらの貝こぽうぽうと吹いた。 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鳩合点(はとがてん)

鳩合点(はとがてん)

うぐいすが啼(な)く頃になりましたねえ。うぐいすはきれいな鳥で、ほんとに立派な巣うもこしらえるのよ。昔にね、うぐいすの巣うを鳩が見て、あんな立派な巣うをおれもこしらえられたらいいなあって。

この昔話を聴く

大歳の火(おおどしのひ)

大歳の火(おおどしのひ)

むかし、ある家に嫁さんがあった。年取りの晩に、姑(しゅうとめ)さんから、「あすの朝まで囲炉裏(いろり)の火を消さないように」といわれて、寝ないで火の…

この昔話を聴く

現在615話掲載中!