もとのへいろく
『もとの平六』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 昔。ある町に、平六という貧しい男がすんでおった。この平六、たいへんな無精もので、ふんどしなどめったに洗わん。
 同じふんどしを二年もしめていた。だから、初めは白かったふんどしも、いつの間にか、しょう油につけたような色になってしまう。そうなったふんどしは、雨ふりもようになるといつもジトォーッとしめってくるし、晴れの時はカラッとしている。
 それで平六が、
 「明日は晴れ」
というと、必ず晴れたし、
 「もうじき雨が降る」
というと、雨が降って来た。兵六の天気占いがあんまりよくあたるので、町の人達はいつも、平六のところへ明日の天気を聞きにきた。
 そのうちこのうわさは、お城のお殿様の耳にまで届いた。お殿様は、
 

 挿絵:かわさき えり
 「平六とやらの天気占いはそんなによくあたるのか。そんならわしの家来にとりたてよう」
というて、平六を家来にした。
 平六は、ふんどしで明日の天気を占っていただけなのに、お殿さまのお天気相談役にとりたてられたのだから、うれしくてたまらん。
 『おれもえらくなったのだから、いつまでも古いふんどしをしめているわけにもいかん』
 と考えて、古い汚れたふんどしをたんすにしまい込み、新しいふんどしにとりかえた。
 

 夏も近いある日、お殿様は、狩に行くことになった。それで、平六を呼び出し、
 「明日、狩に出かけるが、天気はどうじゃな、占ってみよ」
と申しつけた。平六は、
 「ははあ、かしこまりました。一時(いっとき)おまち下さい」
というと、家にとんで帰り、たんすの奥から、古いふんどしをひっぱり出した。そうしたら、ふんどしはかびでまっしろけ。
 『はてな、これは何だ』
 としばらく考えていた兵六、何を思ったか、いそいでお城にとってかえし、
 「お殿様、申し上げます。明日は雪でございます。狩はおやめになった方がよろしいでしょう」
と申し上げた。それを聞いたお殿様、
 「このバカ者、夏だというのに、雪がふるわけがない。もし、雪がふらなかったら、お役御免だ」
と、カンカンにおこってしもうた。
 次の日、雨はふったが、やっぱり雪はふらなかった。それで平六は、またもとの貧しいくらしにもどってしまった。
 

 挿絵:かわさき えり
 このことから、一時よくなったものが、またもとのようになることを、「もとの平六」というんだと。

 どんとはらい、ほうらの貝こぽうぽうと吹いた。

 

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

地蔵さまと爺婆(じぞうさまとじじばば)

地蔵さまと爺婆(じぞうさまとじじばば)

とんと昔。ある村に爺さまと婆さまが暮らしてあった。婆さまが木綿(もめん)の布を織り、爺さまが町へ売りに行っていたと。

この昔話を聴く

河童岩(かっぱいわ)

河童岩(かっぱいわ)

むかし、ある川の中に一ぴきの河童が棲んでいたと。ある時、子供達が大勢集まって、川の中に白い小石を投げ込んでその小石を取りあいっこしては遊んでいた。す…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!