わらびのおん
『蕨の恩』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところにヘビがおったと。
 春のポカポカした日に昼寝をしていたら、土の中から茅萱(ちかや)が芽を出して、とんがった先でヘビの身体を突き通してしまったそうな。
 やがて目をさましたヘビは、
 「フワァア、よく眠(ねむ)ったなあ」
といって、ウーンと伸(の)びをひとつしたら、そこのところがズキンとした。
 ヘビは長物(ながもの)だから、”ズキン”の伝わりかたが遅い。
 節(ふし)のひとつひとつをズキン、ズキン、ズキン、ズキンと伝わって、ようやく頭にとどいたときには、ズキンの元のところが、もう痛くなくなっていた。
 

 「いま、どこかが痛かったんだがなあ、まるまって寝たせいかなぁ。ま、いいや。どうれ、身体ほぐしにカエルでも喰いに行くか」
と、そろりそろり這い出しかけたら、身体が進まない。
 「あれ?!」
と、また這い出そうとしたが、やっぱり動かん。
 「おかしいなあ」
と、今度は思いっきり、グニュ―と伸びて這い出したら、そのとたんに、パチンとゴムみたいに縮こまってしまった。
 「あいたたたたぁ!!」
 ようやく茅萱に突き通されているのが分かったと。
 

 「こりゃぁ、おおごとだあ」
と、尻尾をバタバタさせたり、クネクネしたり、茅萱にからみついたりして、いろいろもがいてみたけれど、どうやっても抜けない。
 ほとほと困りぬいていたら、ちょうど腹の下あたりから、ワラビが萌(も)え出てきた。
 ヘビが困っているのを見たワラビは、
 「ヘビどん、ヘビどん、おらがお前の身体を持ち上げてやるよ。もうすこしのしんぼうだよ」
 そういって、クルリと巻いた頭でヘビを、そろり、そろり、持ち上げた。
 ヘビの身体を突き通していた茅萱は、ワラビの背が高くなるにしたがって抜けていって、やがて、スポンとはずれたと。
 ヘビは大喜び。
 「やれ、うれしや、ワラビどんありがとう」
と礼をいって、振り返り、振り返り頭をさげて、這って行ったと。
 

 挿絵:かわさき えり

 昔こんなことがあったものだから、今でも、野原や山でヘビに出会ったとき、

 ヘビ ヘビ
 茅萱畑(ちがやばたけ)に昼寝して
 蕨(わらび)の恩顧(おんこ)忘れたか
 アブラウンケンソワカ

 と、三べん唱えると、ヘビは、ワラビの恩を思い出して、必ず道を開けてくれるそうな。

 どんとはらい。 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

昔、昔、ある山の中に一軒(いっけん)の家があったと。おっ母と童(わらし)と二人、いてあったと。畑をちょっとと、お蚕(かいこ)さんをちょっと持っていたと。

この昔話を聴く

頭を剃った猫(あたまをそったねこ)

頭を剃った猫(あたまをそったねこ)

むかし、ある寺に年をとった猫がいたと。ある日、その猫が和尚さんの前にきちんと前足を揃えて「おら、昔からたくさんの鼠を殺した罪ほろぼしに、お坊さんになりたいがで、頭を剃ってくだはれ」と、頼んだと。

この昔話を聴く

現在622話掲載中!