ねこにょうぼう
『猫女房』

― 岩手県遠野市 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに一人の貧乏な男と、欲深な長者が隣りあって住んでおったそうな。
 ある夜長者は、飼っていた一匹の牝猫(めすねこ)にエサをやるのが惜くなって、首筋をつかんで外へ投げ棄てたと。
 猫はニャア、ニャア鳴いて、隣の貧乏な家へ行ったと。
 隣といっても、昔の田舎のことだ、ずうっと百米も離れとる。
 そこを、とぼら、とぼら歩いて行ったと。
 隣の貧乏な男が寝ていると、窓の下で、しきりに猫の鳴き声がする。ふびんに思って、
 「こんな夜中に、お前、どうして外で鳴いとるや。また、お前の御主人にひどい目にあわされたのか。どらどら、それならおれのところにいろ」
と言うて、内に入れてやったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 それからは毎日、なけなしの食べ物を自分と同じように分けて、可愛いがっていたと。
 ある夜、男がいつものように猫を懐(ふところ)に入れて寝ながら、
 「お前が人間だったらよかったになぁ。おれが畑へ出て働いているうちに、お前は家に留守番していて麦粉でも挽いておいてくれでもしたら、なんぼか暮らし向きが楽になるべえに。お前は畜生のことだから、それもできない相談だなぁ」
 

 と、つぶやいたと。
 次の朝、男はまだ星のあるうちから起きて、山の畑へ行って働き、夜にお月さんが出てから家へ戻ったと。
 すると、灯(あかり)もつけない家の中で、だれかが挽臼(ひきうす)を、ゴロゴロ挽(ひ)いているものがあった。
 「だれだろ」
 不審に思って、そおっと入ってみると、何と、猫が挽臼を挽いておった。
 「猫、猫、おれが夕(ゆん)べ、あんなことを言うもんだから、お前、挽臼を挽いてくれたか」
と、目を真(ま)ん丸(まる)にしてたまげたと。
 男は、いよいよ猫が可愛いくなって、その晩、小麦団子をこしらえて、猫と食うたと。
 「お前の挽いた小麦粉で作った団子だ。食え、食え、うんまかろう。おれも今日ほどうんまいと思うたことはないぞ」
 

 言うたら、猫も、
 「ニャア、ニャア」
 嬉しそうな声を出して食うたと。
 それからはいつも、男の留守の間には、猫が挽臼を挽いてくれたと。おかげで男は大層助かったと。
 ある晩、囲炉裏の火に当っていると、猫が、
 「私はこのまま畜生(ちくしょう)の姿をしていては、思うように恩返しが出来ないから、これからお伊勢参りをして人間になりたい。ついては、どうか暇(ひま)を下さい」
と言うのだと。
 男は、いよいよこれはただの猫ではない、と思うて、猫の言うがままにしてやった。
 猫のおかげで少しばかりたまった小銭を、首に結(ゆ)わえつけて旅に出したと。
 

 猫は、途中で悪い犬にも狐にも出会わず、首尾(しゅび)よくお伊勢まいりをしたら、神様が、
 「お前のことはわしもつくづく感じ入っておった。お前の願いを叶えてやろう」
 こう言われて、猫を人間の美しい娘にしてくれたと。
 娘になった猫は、喜んで家に帰って来た。
 男と娘は夫婦(めおと)になって、二人で朝星月星を見ながら働いたので、末には隣の長者よりも、分限者となって、一生安楽に暮らしたそうな。

 いんつこ もんつこ さかえた。 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

むかしむかしの大昔。森の奥で鳥の鷹(たか)たちが大勢集まって、酒盛(さかも)りを開いて、賑(にぎ)やかに飲んだり歌ったりしていたと。何でも、鳥の王様…

この昔話を聴く

皓台寺の和尚さまと狐(こうだいじのおしょうさまときつね)

皓台寺の和尚さまと狐(こうだいじのおしょうさまときつね)

むかし、長崎市(ながさきし)の立山(たてやま)あたりは、岩屋豪(いわやごう)といってお諏訪(すわ)さまの丘から続いたこんもり繁った森であったと。この…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!