さけられないとしとり
『避けられない年取り』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐々木 徳夫
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むがしあったずもな。
 あるどこに年取りだぐねえ男がいだんだど。
 ある年の、暮れも迫(せ)まったごろ、その男が、
 「年取りだぐねえ、年取りだぐねえ」
 って、村の中を口ぐせのように言って歩いでだど。村の人が笑っで、
 「なんぼ年取りだぐねえたって、誰でも年は取んだじぇ。お前(め)ばかり年取らね訳(わ)げにはいがねんだじぇ」
 って言うど、
 「おら、年取りの晩には、大根穴さ隠れでお年神様と出合わねぇようにする。そしたら年取らねぇべが」
 って言ったど。
 

 挿絵:かわさき えり
 そしてるうちに大歳(おおみそか)の日が来だど。
 その晩、男は大根穴さ隠れだど。
 お年神様が袋さいっぺえ年を入れで、あっちさもこっちさも配り歩いだど。
 ほだども、急に亡ぐなった人がいだりして、袋さいっぺえ年を余してしまっだど。年神様は、
 

 「さあて、なじょしたら良がんべ。こったに年が余ってしもうた。持っで帰るのも重いし、どごたりさ、やだらに投げるわげにいがねえし」
 どて、あっちこっち捜したれば、村はずれの畑に、大(お)っきな大根穴あっだど。
 「おお、こごだこごだ、こごがええ。こごさ投げで行ぐべが」
 どて、袋の口あげで、さかさまにドサッど、ぶちまげだど。
 すたれば、大根穴さ隠れでだ男の頭さ、いっぺぇ、年がふりかがっでしまっだど。
 さあ、おおごどだ。男の頭は、あれやあれやといっでるうぢに白髪になって、白髪になっだど目えむいでだら、毛が抜げで、禿(は)げでしまっだど。顔にシワ寄って腰こ曲がってしまっで、やっどごやっどご大根穴がら出はって来だども、まるっきり年寄りになってしまったど。
 年どいうものは、なんぼ大根穴さ隠れだって、追(ぼ)っかげできて取らね訳げにゃいがねもんだどや。

 どんとはれ。
 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

不知火の松(しらぬいのまつ)

不知火の松(しらぬいのまつ)

むかし、神奈川県(かながわけん)の大師河原(だいしがわら)というところに、お父と娘の二人暮(く)らしの漁師(りょうし)が住んでおった。お父は毎朝、木…

この昔話を聴く

金看板と頓智(きんかんばんととんち)

金看板と頓智(きんかんばんととんち)

むかし、むかし、あるところに韋駄天(いだてん)走(ばし)りの男があった。平地はもとより、山に入ってもキジを獲ったり、兎を獲ったり、ものすごく足が速い…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!