にょうぼうをだすとぐち
『女房を出す戸口』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 小笠原 謙吉
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むがすあったじもな。
 あるどごに夫と女房があったど。
 夫は、隣の女房が常日(つねひ)ごろ化粧ばかりしているので、ばかにいい女ごに見えただ。惚れだど。
 家(うち)の女房は働くことばかりして身形(みなり)はかまわぬ。みだくなし女に見えた。褪(さ)めだど。
 ある日、夫は女房に、
 「お前はみだくなしだによって、ひまを呉(け)るはへ(ので)と、出て行け」 と言うた。
 そこで家の女房はあきらめで、家を出はって行く気で、湯さ入り、お歯黒をつけだり、髪を結っだり化粧したらば、隣の女房よりも一段とよい女ごになっだ。
 

 挿絵:かわさき えり
 夫は目ぇぱちくりかえして、ひまを呉でやるのが急に惜しぐなっだど。
 その女房、夫の前さ手をついで、
 「私も今日までお世話になりまして、ありがとうござんした」
 ど礼を述べて、
 「それではお前さまも達者でいでくだされ」
 どで、ひまをとり、台所(だいどころ)から土間(どま)の戸口(とぐち)さ行ぐと、夫が来で、その出口さ立ちふさがっだ。
 

 「ここは俺(おれ)の戸口だがら、ここがら出るな」
と、とめる。女房は表口の玄関さ行って、そこから出べとしたら、夫がそこさも立ちふさがって、
 「ここも俺の玄関だから、こごからも出るな」
 ど言っだ。
 そごで今度(こんだ)ぁ、座敷の縁側から出はべとすたれば、また、そごさもふさがって、
 「こごも俺の縁側だから出るな」
 ど、止めだど。
 女房、あぎれで、
 「それでは出て行ぐ戸口はないがら、私に出て行くなてしか(ということか)」
 ど聞ぐど、夫は、
 「うん出て行ぐな」
 言っだど。
 女房は装(よそお)いをほぐしで、元のとおり家にいるごどになっだら、夫は、それからは隣の女房さ通わねぐなっだど。
 どっとはらい。
 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

雲雀とお天道さん(ひばりとおてんとさん)

雲雀とお天道さん(ひばりとおてんとさん)

昔、あるところに雲雀(ひばり)とお天道(てんと)さんとがあったと。二人は、バクチが大好きだったと。ある日、二人は誘い合ってバクチ場(ば)へ行った。お…

この昔話を聴く

お清ぼたん(おきよぼたん)

お清ぼたん(おきよぼたん)

昔(むかし)、京の都(みやこ)で源氏(げんじ)と平家(へいけ)が戦(いくさ)をしていた頃(ころ)のこと、信濃(しなの)の山あいの小さな里に、傷(きず…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!