つるにょうぼう
『鶴女房』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 平野 直
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに正直な若者がいてあったど。
 あるとき、若者が田打ちをしていると、天から一羽の鶴(つる)がヒラヒラと下りて来たど。
 どこか傷手(いたで)ば負うているらしく、飛んではよろめき、よろめいては飛んで、若者の足元まで来ると、ハタラハタラたおれたど。
 よくよくみるど、羽さ一本の矢がささっていて、飛ぶにも飛べないことが分かったど。
 若者は、その矢を抜いてやり、傷口洗ってやると、鶴はやっとのことで生気(せいき)ば吹きかえして、さも嬉しそうに羽鳴りばたてたど。
 鶴は三度ばりぐるぐるど若者の頭の上ば飛んで、一声残して空さ消えてしまったど。
 

 挿絵:かわさき えり
 若者が一日いっぱい田打ちばして、星のペカペカする頃田から上がって行くと、家の門口(かどぐち)に知らない美しい姉(あね)さまが立っていて、
 「お帰んなんす」
と迎えてくれたど。
 

 はて、これは我家(わがや)を間違えたかなと、どでしていると、姉さまは
 「ここは、あなたさまのお家でがんす。そして私は、あなたさまの嫁ゴでがんす」
といったど。
 この日からこの不思議な姉さまは、この家(や)に居つくようになったど。
 日が過ぎ、月が過ぎているうちに、この女房(かが)が、あるどき夫(とど)さまにいうには、
 「夫さまなし、私に心願いがあるのでがんすが、なんと機場(はたば)ひとつ建てて下さるように」
とのことであった。
 それもそうだ、なんぼ貧乏(びんぼう)たれだからといって、機場一つ無いようでは、女房も世間さ肩身(かたみ)が狭(せ)まかべと思って、無いなかから工面(くめん)ばして、機場建ててやったど。
 女房は喜んで、その日から機場さ入ったが、
 「七日の間(あいだ)、必ず見て下さるな」
と、固く夫さまにいい含めだ。 

 その七日というものは、荿(おさ)の音が、キッコパタン、キッコパタンと、いつも鳴り続けていたが、若者は女房さまのいうとおり、機場を見もしなかったど。

 さてその七日も過ぎると、女房は機場から下りてきて、
 「夫さまし、まづ一反(いったん)織り上げましたから、明日はこれを町さ持ってって、売って来て呉(く)ない。百両位には売れるど思いますから」
と。見たことも聞いたこともない織物ば前に出した。
 「こ、これが百両になるてが」
と若者はどでしたども、次の日、町へ行って売ってみると、女房の言うとおり、百両で手もなく(手間いらず)で売れたど。
 目ば丸くして戻ってくるど、また女房は、次の機ば織っているとみえて、キッコパタン、キッコパタンど音していだど。
 

 若者は、糸も何も無ぐて、なじょにしてあの織物ば織るのだべ、と見たくて見たくてならなかったど。
 それで、見るなど固くいわれていたことも忘れて、こそっと機場ば覗いてしまった。
 そしたら、なんと、そこにいるのは女房ではなくで、一羽の鶴が梭(ひ)をかけ荿をかけ、白い羽毛(はねげ)ば抜いで、それで機ば織っていたど。

 さては俺の女房は、とどでしたのも後の祭りで、荿の音がしなくなったと思うと、ひょたひょたになった鶴がそこさ現れ、
 「夫さまし、悲しいことだが、この浅間しい姿をみられた上は、ここさ留まってるごどは出来ません。
 実は私はあなたさまに救けていただいた鶴でがんしたが、ご恩報じと思って、今の今まで人の姿に化身してあなださまにお仕えで来もしだ。この織りかけの機ば、私と思って、大切にして下され」
といい残すと、残った風切り羽(ば)で、遙(はる)か空のかなたへ飛んで行ってしまったど。

 どんとはれ。 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

継子ともぐら(ままこともぐら)

継子ともぐら(ままこともぐら)

むかしむかし、ある村に百姓家(ひゃくしょうや)があって、そこのお母ちゃんが継母(ままはは)であったと。田植えどきになったが雨の一粒(つぶ)も降らない…

この昔話を聴く

天道さんの金の鎖(てんとうさんのかねのくさり)

天道さんの金の鎖(てんとうさんのかねのくさり)

むかし、むかし。あるところにおっ母さんと、太郎と次郎と三郎の三人の子供が暮らしておったと。あるとき、おっ母さんが山へ薪を拾いに行くと、山姥が出て来て、おっ母さんをベロッと食うてしもうた。

この昔話を聴く

現在606話掲載中!