ごがつのしょうぶとよもぎ
『五月の菖蒲と蓬』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 平野 直
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに大層(たいそう)しまりやの男がおったと。
 男は日頃から、
 「飯(まま)食わない嫁(よめ)がほしい」
 「飯食わない女房(おかた)がほしい」
と、いうておった。
 ある夜、
 「こちらさんで飯食わぬ女房がほしいと聞きました。私を貰(もら)って呉(け)ながですか」
というて、美しい姉(あね)コが訪(たず)ねてきた。
 「飯食わねか」
 「はえ」
 男は、喜んで女房にしたと。
 

 その女房は陰日向(かげひなた)なくよく働くし、飯も食わない。これはいい女房を貰ったもんだ、と得した気でいたら、十日も経たないうちに六俵の米がたちまちなくなってしまった。そればかりか、味噌樽(みそだる)の味噌も、目に見えて減る一方だと。
 「はて、めんようなこともあるもんだ」
 もしや、と思った男は、ある日、山へ行くふりをして途中でひき返し、こっそり天井裏(てんじょううら)に隠(かく)れて女房の様子をうかがったと。
 そうとは知らない女房は、夫(とど)を送り出したあとで、三斗五升(さんとごしょう)の米を馬糧(まぐさ)煮(に)る大釜(おおがま)へいれてたき、それから二十人鍋(にじゅうにんなべ)に味噌をひとたなぎ持ってきて入れ、お汁(つけ)もこさえたと。
 そして、大きな握り飯(にぎりめし)コロコロ作っては頭のてっぺんにある大口(おおくち)にポイポイ投げ入れ、お汁(つけ)は、大びしゃくですくって、ザンバ、ザンバと大口にそそぎこむのだと。
 

 挿絵:かわさき えり
 天井裏でそれを見た男は、
 「これは欲のあまりに、どえらいものを女房にした。化物(ばけもの)なんか一日とて置いとかれん」
と思うて、こっそり下りると、なにくわぬ顔で、
 「今戻った」
というて、山から帰って来た振りをしたと。 

 「あやや、なんたら早がったべ」
と、女房は、鍋(なべ)だの釜(かま)だのにあわててフタをして元の美しい姉コになって迎(むか)えたと。
 その女房に、男は
 「女房、女房、今日山へ行ったら山の神さまから、お前(め)の女房、よく働くだども、家さ置くと障(さわり)があるから、今のうちに出てもらえ、と言われた。そういう御託宣(ごたくせん)だから、すまねえが今から出て行って呉(け)ろ」
というた。女房は、
 「そんだらば出て行くから、八尺ダライ一つ呉(け)でくれ」
というた。男が大きなタライを出してやると、 「それ、八尺あるかどうか計ってみて」
という。
 男が何気(なにげ)なく屈(かが)んで計ろうとしたら、女房は男をタライの中へ突き入れ、タライごと頭の上に乗せて山へ駈(か)け登ったと。その速いこと、風がしゅうしゅうなるほどだと。
 

 男はタライの中でおろおろしていたら、女房は、駈けながら、
 「山の仲間、出て来もさい。ええ肴(さかな)持って来たぞぉ」
と、叫んだと。そしたら「ほいほい」という声がして、あっちからこっちから女房の眷族(けんぞく)がわらわら出て来たと。

挿絵:かわさき えり

 
 男は、いよいよ食われるのか、と血の気なくしていたら、木の枝がタライにバリバリ当たった。今しかないと、男がその枝につかまると、木の下の蓬(よもぎ)と菖蒲(しょうぶ)の生えている中に、ボッサリ落ちたと。
 女房の眷族が「そこに落ちたぁ」とよってきたと。
 が、蓬は臭くて化物の嫌(きら)いなものだし、菖蒲(しょうぶ)は一本一本刀の刃(かたなのは)のようになって、化物どもをそこへ寄せつけなかったと。
 男は危ないところを助かったと。
 丁度(ちょうど)この日が五月の節句(せっく)の日だったので、それからというもの、五月節句には屋根に菖蒲と蓬をさすようになったのだと。

 どんとはれ。
 

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

偽の汽車(にせのきしゃ)

偽の汽車(にせのきしゃ)

むかし、というても、ちょっとむかし。そう、今から六十年前のこと。長野県の篠ノ井(しののい)と塩尻を結ぶ、国鉄、篠ノ井線の話だ。空が曇り、月の見え隠れ…

この昔話を聴く

座頭の木(ざとうのき)

座頭の木(ざとうのき)

昔、あったずもな。あるどこに川の渡守(わたしもり)居てあったど。その年、うんと雨降って、洪水出て大変であったど。洪水のあと、渡守り、流れてくる木を拾…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!