ぼうさまにばけたさかな
『坊さまに化けた魚』

― 岩手県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある村のはずれに大きな渕(ふち)があって、たくさんの魚が棲(す)んでおったと。
 あるとき、村の若者たちが集まって毒流しをしようと相談した。
 “毒流し”というのは、流れに毒を投げ入れ、一度にたくさんの魚を獲(と)る方法のことだが、その毒は、山椒(さんしょう)の皮を細かく切り、シキミやタデなどの実を一緒にすりつぶして灰(あく)を混ぜ合わせると出来上がる。
 

 次の朝、若者たちは淵のそばで車座(くるまざ)になって毒作りをはじめた。
 そろそろ昼になろうとする頃、そこへ一人の藍色(あいいろ)の衣を着た坊さまがあらわれ、
 「それは魚を獲る毒じゃな。魚を釣ってもよいが、毒はいかん。毒を使ったら親魚だけでなく小魚も一匹残らずしんでしまう。小魚など獲っても小さくて食えはしまい。そんな罪深いことはしなさるな」
と言うた。若者の一人が、
 「坊さま、心配いらん。魚を全部獲るわけではないわ。それより、もう昼どきだからこれでも食べて行きなされ」
と、ダンゴを差し出した。
 坊さまはダンゴを受け取ると、パクッと飲み下した。すすめられるままに、またひとつ、またひとつと呑みこむうちにダンゴは無くなった。
 

 挿絵:かわさき えり
 「馳走(ちそう)になった。しかし、それは止めなされよ」
 坊さまは、青光りする目で若者たちを見つめると「よいな」と念押しをして、どこかへ立ち去って行った。
 

 若者たちが出鼻(でばな)をくじかれてためらっていたら、誰かが、
 「何を言うだ。暗いうちから準備してきたっちゅうに、今更(いまさら)止められっか」
といい、
 「そうだ」「そうだ」
という者がいて、皆で毒を淵に投げ入れたと。
 ほどなく、淵のあちこちで魚が浮いてきた。大きいのもいれば小さいのもいる。若者たちは夢中になって魚を網(あみ)で拾いあげた。面白(おもしろ)いほど獲れた。さあ、もういいだろうと帰り支度(じたく)をはじめたら、若者のひとりが、
 「もう一遍(いっぺん)、これが最後」
と言って、残りの毒を淵に投げ入れてしまった。仕方なく、皆は魚の浮いてくるのを待ったと。
 

 しばらく淵の水がざわめいて波が立ったりしていたが、それがおさまると、大きな魚が浮き上がった。
 「やあ、これは大きいな」
 「まるで、魚の大将だ」
 引き上げてみると、大人の背丈(せたけ)ほどもある、藍色の魚だった。
 「この色、見覚えあるような……」
 「魚の色なんか、どうだっていいさ」
 あまりに大きくて珍しいから、皆で分けようということになり、魚の腹をさいた。
 すると、腹の中から、ダンゴがこぼれ出た。
 「こ、これは、昼間、旅の坊さまにあげたダンゴだぞ」
 「すると、なにかぁ、この魚は、あの坊さまだってことか」
 「すると、なにかぁ、あの坊さまは、この魚だったてことか」
 若者たちはあまりの不気味さに一目散(いちもくさん)に村へ逃げ帰ったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 それからというもの、毒流しで漁(りょう)をする者はいなくなったそうな。

 どんとはらい。
 

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

産女から力をさずかった話(うぶめからちからをさずかったはなし)

産女から力をさずかった話(うぶめからちからをさずかったはなし)

むかし。山形のある村に、金蔵さんという、人は良いが、貧しい男がおったそうな。正月の十五日の晩のこと、一寝むりして目を覚すと、急に便所へ行きたくなった…

この昔話を聴く

たいとふぐ

たいとふぐ

むかし、あるところに鯛とふぐとがおったと。鯛とふぐは漁師の網にかかって死んだと。死んだんで極楽へ入れてもらわんならん言うて・・・

この昔話を聴く

現在663話掲載中!