こぶとりじい
『瘤とり爺』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、まんずあるところに、額(ひたい)に拳骨(げんこつ)ほどのでっこい瘤(こぶ)のある樵(きこり)の爺(じい)さまがあったど。
 ある日、山へ行って、もう一本、もう一本ど木ィ伐(き)ってるうちに夜になったど。家にも帰れなぐなったので、山のお堂コさ這入(はいい)って、その晩は泊まったど。
 したれば夜中頃になって、どやどやっど、天狗(てんぐ)さまたちがやって来て、お堂コの前で車座になって、酒盛り始めたど。
 そのうち、テレスケ、テレスケど、手ェ叩(たた)き、足ィ叩きする拍子とりがいで、踊(おど)りが始まったど。
 足をくねくね、手首をひらひら、テレスケテレスケど、それは面白い踊りで、テレスケ舞いどいうもんであったど。

 あんまり楽しげで、お堂コの中でのぞき見したっだ爺さまの手足も、つられて動き出したど。
 初めは天狗さまたちに気(け)どられねぇように、ひらひら、くねくねしだったが、しまいにゃあ、そんなことも忘れで、

 〽  天狗 天狗 八天狗
   おれまで加ぜれば
   九っ天狗

 と、つい、お堂コから踊り出てしまったど。したれば天狗さまたちは、
 「ややっ、これは面白い爺だ」
 ど、やんや、やんやど囃子(はやし)たてたど。

瘤とり爺挿絵:かわさき えり
 爺さまが天狗さまたちど一緒に呑(の)んだり食ったり踊ったりしでいたら、どこかで、
 「コケコッコー」
 ど、一番鶏(いちばんどり)が啼(な)いたど。
 したれば、天狗さまたちゃあ、
 「今夜はこれで終わるが、明日の晩また来て踊れ。とぎに、明日もきっと来るどいう、何かしるしを置いでってもらいだいが、そんだ、その瘤ば預がって置く」
 ど、額の瘤ば、ぽつんど、もがれてしまったど。

 爺さまは、邪魔(じゃま)になる瘤ばとられたので、内心では大層(たいそう)喜んだが、わざと慌てた気振り(けぶり)して、
 「それはおらの大切な宝瘤(たからこぶ)だ。その瘤とられては頭が軽すぎで、うまく歩けねえだ」
 ど、わざとひょろけてやっだど。 天狗たちは、
 「そんだらば明日の晩来(こ)う。返してやるがら」
 ど、どごがさ行ってしまったど。

 瘤が無くなった爺さまが喜んで家に帰ると、隣(とな)りの爺が訪ねて来たと。
 「お前(め)、コブ、どうした」
 ど聞くから、こうで、こうで、ど語ってやったど。
 「そんだらば、おらも取ってもらって来る」
 どいっだど。隣りの爺にも額にでっこい瘤があっだど。
 隣りの爺、次の晩げ山に出がげで行ったど。
 するとまた夜中頃になるど、天狗さまだちゃあ、どがどがっでやって来たど。して、テレスケ、テレスケどテレスケ舞いを始めたど。

 隣りの爺、一緒になって踊りに出たが、昨晩のように囃(はや)せどいわれでも、さて、囃子言葉(はやしことば)をしらないもんで

 〽  天狗 天狗 八天狗
    赤面天狗(あかづらてんぐ)の
    鼻欠けろ

 どやってのけたど。
 したれば天狗さまたちゃあ、
 「なんだ、この爺。折角(せっかく)の踊りも興(きょう)がさめる」
 ど、えらく怒って、昨日預かった瘤まで、ぴったりどひっつけたので、隣りの爺、瘤の上に瘤が重なる二段瘤になって、泣ぎ泣ぎ家に帰ったど。
 そんだから、人真似(ひとまね)はしないもんだど。

 どんとはらい。

瘤とり爺挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鶴と和尚(つるとおしょう)

鶴と和尚(つるとおしょう)

むかし、むかし、ある大きな寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんたちが住んでおったと。寺の境内(けいだい)に大きな松の木があって、毎年季節にな…

この昔話を聴く

黄金の茄子(きんのなす)

黄金の茄子(きんのなす)

むかし、佐渡の小木(おぎ)という村に漁師のお爺さんとお婆さんが住んでおった。ある日のこと、お爺さんが浜辺で若芽(わかめ)を採っていると、小さな舟が一…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!