あねとおとうとのおにたいじ
『姉と弟の鬼退治』

― 岩手県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 あるところに、鬼が棲(す)んでいる山があった。
 そのふもとの村には仲の良い姉と弟が暮らしてあったと。
 あるとき、山の鬼が村におりてきて、姉をさらって行ったそうな。
 弟はくやしくてならん。
 「おら、姉ちゃんを救(たす)けに行く」
というて、出掛けようとした。すると、村の人達は、
 「山へ行っちゃなんねぇ。お前も鬼に喰われるぞ」
というて、何としても行かせてくれなかった。
 弟は、姉がせつなくしているかと思うと、いてもたってもおられない。とうとう、村人の目を盗んで、鬼の棲(す)む山へ、たったひとりで行ったと。

 いくがいくがいって、険(けわ)しい山の、奥の奥山に、大きな館があった。岩陰(いわかげ)に隠(かく)れて様子をうかがっていると、どうも鬼のいる気配がない。鬼はどこかへ出掛けているようだ。
 弟は門のところで、
 「ねえちゃん、ねえちゃんいるか」
と呼んでみた。館の中から姉がびっくりして出てきた。
 「ねえちゃん、無事か、おら、ねえちゃんを救けに来た」
 「ここへ来てはだめだ。鬼に喰(く)われっから早く家さ帰れ」
 「いやだ。おら、ねえちゃん救けるまでは家に帰らん」
 姉は仕方なく、弟を館に入れ、つづらの中に隠まったと。

 そしたら、じきに鬼が帰って来て、
 「ム、ムムム、人臭(くさ)い。人臭い。誰か、人が来たな」
と、あやしんだ。
 「そんなことはない。誰も来やせん」
 「いんや、たしかに人の匂(にお)いがする」
 鬼はクンクン匂いを嗅(か)ぎまわって、とうとうつづらを見つけてしまった。つづらのふたを開けて、弟をつまみ出したと。姉は、
 「その子は、わたしの弟だから、どうか喰わんでくれ」
と必死に頼んだ。すると鬼はニカニカ笑って、
 「わしと勝負をして、勝ったらゆるしてやってもええがの」
というた。
 弟と鬼は、大きな桶(おけ)に水を汲(く)む競争をすることになった。
 弟の桶は、だんだんに一杯になっていったが、鬼の桶は、鬼が必死に水をくみ入れても一杯にならん。

姉と弟の鬼退治挿絵:かわさき えり
 鬼が、ハアハアいいながら首を傾(かし)げて桶を見とる。
 実は、姉がこっそり鬼の桶に穴を穿(うが)っておいたんだと。
 とうとう弟が勝ったと。
 さあ、鬼はあわてた。

 「もう一番やろう」
 今度は、豆の早食い競争だと。
 姉は、弟には柔らかな豆を渡し、鬼には豆に小石を混ぜて渡した。
 鬼は、ガリッ、ガリッと食っていたが、一度に沢山(たくさん)は食えんから、この勝負も、やっぱり弟が勝ったんだと。
 鬼は、人間の、まして小僧(こぞう)ったれに二番続けて負けたのがくやしくてならない。
 「勝負は三番というから、もう一番しよう」
というて、いやもおうもない。今度はお湯の飲みくらべだと。
 姉は弟にぬるいお湯を渡し、鬼にはグラグラ煮(に)え立った熱いお湯を渡した。
 そうとは知らない鬼は、グイッと飲みほしたからたまらん。口ものども腹の中も大火傷(おおやけど)をして、とうとう死んでしまったと。
 姉と弟は、鬼の館から財宝をいっぱい持って山を下(お)り、めでたく村に帰ったと。

 どっとはらい。

姉と弟の鬼退治挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

黒牛と熊(くろべことくま)

黒牛と熊(くろべことくま)

むかし、あるところにひとりの男がおって闘牛(とうぎゅう)を飼(か)っていたと。黒牛(くろべこ)の、すばらしい闘牛だと。角(つの)は人の腕(うで)より…

この昔話を聴く

親子と馬(おやことうま)

親子と馬(おやことうま)

むかし、あるところにお父(とう)と息子が住んであったと。 あるとき、馬を一頭、町へ売りに行くことになったと。お父と息子は、さてどうやって馬を連れて行こうか…

この昔話を聴く

現在615話掲載中!