ほおずき
『酸漿』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、ある旅人が山の中を旅していて、一軒の家を見つけてそこに宿(やど)をとったと。
 翌朝、起きて畑を見たら、美しい酸漿(ほおずき)がたくさん紅(あか)く実(みの)っていたので、それをひとつ取って、中の種を出して口(くち)にふくみ、プリプリ吹き鳴らしていた。
 それをその家の人が見つけて、ひどく驚(おどろ)き、
 「お客様(おきゃくさま)は大変な事をしてしまった。
 きっと今に大変な罰(ばち)が当る」
というて顔色を変えたと。 

 挿絵:かわさき えり
 
 旅人も心配になって、
 「それはまた、どうしてか」
と聞くと、家の人は、 

 「お日様は毎日、東から出て西へお沈(しず)みになるが、そのお日様は夜になると地の下を潜(もぐ)ってこの酸漿の中へひとつひとつお入りになる。それで、こんなに色が紅くなるのだ。
 酸漿は、お日様の赤ン坊だから。
 お客様は、お日様の赤ン坊を食べたのだ」
と、こういうたと。

 どっとはらい。 

 挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

たこの上方詣で(たこのかみがたもうで)

たこの上方詣で(たこのかみがたもうで)

むかし、佐渡が島に艪かい舟が通っていたころの話。舟の乗客たちが、上方詣での出来事を楽しそうに話しておったと。そしたら、舟の間近に大っきなタコが潜んどって、「ああ、おらもたった一遍でいいから、人間のように上方詣でというものをしてみたい」とつぶやいたと。

この昔話を聴く

尼裁判(あまさいばん)

尼裁判(あまさいばん)

むかし、あるところに親孝行の息子が年老いた父親と暮らしておったそうな。働き者の息子だったから、村の人がいい嫁を世話してくれたと。息子と嫁は、「お父っ…

この昔話を聴く

現在667話掲載中!