じゅみょうのばし
『寿命のばし』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、年をとった夫婦と十八歳になる娘が住んでいた。
 そこへ、どこからか、乞食(こじき)の爺(じい)さまがやって来た。気立(きだて)のやさしい娘は、爺さまを見ると、すぐに出て行って食べ物をあげた。
 すると爺さまは、娘をじいっと見つめ、悲しい顔をして、
 「やさしい娘さんだが、お前さんは八月二十四日に急の病(やまい)で死ぬ寿命(じゅみょう)のようだ」
と、ぼそぼそとしゃべった。そうしたら、家の中でそれを聞いていた父親が、あわてて飛び出してきて、
 「どうすれば娘の寿命を延(の)ばすことが出来るのか、教えて下さい」
と、爺さまに尋(たず)ねた。

 父親が一所懸命(いっしょけんめい)に頼んだので、爺さまは、
 「八月二十四日の三日前の朝、娘に目隠(めかく)しをして、酒三本とさかずきを三つ持たせ、東の方へどこまでも歩かせて行きなさい。前へ進めなくなったところで目隠しを取ると、高い岩の上に三人の坊さまがいるから、ものを言わずに酒をついでやり、酒が無くなった時に命乞い(いのちごい)をすればよい」
と、教えてくれた。
寿命のばし挿絵:かわさき えり

 爺さまは、そのままスタスタと行ってしもうた。
 八月二十四日の三日前の朝、爺さまにいわれた通り、娘が東の方へ歩いて行くと、どうしても前へ進めないところがあった。そこで目隠しをとると、確かに、高い岩の上に三人の坊さまが座っていた。
 左端の坊さまは帳面(ちょうめん)を持って何やら読みあげている。真ん中の坊さまは、それを聞いてそろばんをはじいている。右端の坊さまは、真ん中の坊さまのいう事を書きとめている。
 どうやら、真ん中の坊さまが一番えらそうだった。
 娘は三人の坊さまのそばへ行くと、さかずきを渡し、酒をなみなみとついで飲ませた。
 そのうちに酒がなくなったので、
 「坊さま、私は乞食の爺さまから八月二十四日に死ぬといわれました。どうか、もっと生きられるようにして下され」
と頼んだ。
 そうしたら、真ん中の坊さまは、

寿命のばし挿絵:かわさき えり
 「これ娘、人にはな、寿命というて、生まれた時にはもう死ぬ年が決められているのじゃあ。いくらわしたちが寿命を決めているとはいえ、お前にだけ決まりを破(やぶ)ってやるわけにはいかん」
というた。右と左の坊さまも、うんうんうなずいている。
 「分ります、分ります。でも、そこを何とか坊さまの力で、お願いします」
 娘は泣き泣き頼んだ。

 真ん中の坊さまがまた口を開いた。
 「きまりはきまりだが、乞食の爺さまはわしたちの仲間(なかま)だし、その仲間がお前に寿命を教えたというのは、お前がきっとやさしい娘だからだろうし、わしらの好きな酒を、たあんとごちそうしてくれたのだから、これは何とかしなければなるまいなあ」
 左の坊さまが帳面を見ると、いかにも、娘の寿命は八月二十四日でつきている。
 右の坊さまが、
 「お前はいくつになる」
と聞いたので、娘は、
 「十八です」
と答えた。真ん中の坊さまは、
 「よし、それなら、帳面に八を加(くわ)えてやろう」
と言って、寿命を延ばしてくれた。
 その娘は、八十八歳まで生きていたということだ。

 どんとはらい。

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

雁とり爺っちゃ(がんとりじっちゃ)

雁とり爺っちゃ(がんとりじっちゃ)

むがしむがし。あるところに、爺っちゃと婆っちゃと居てあったど。爺っちゃ山さ芝刈(しばか)りに、婆っちゃ川さ洗濯に行ったど。そしたら、川上(かわかみ)…

この昔話を聴く

猿婿入(さるむこいり)

猿婿入(さるむこいり)

さる昔、あったけド。あるところさ、三人の娘持った長者爺様あったけド。あるとき、千刈(せんかり)り田(だ)さ水コ見に行って見っと、カラカラに干上(ひあ…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!