ごくらくをみたというはなし
『極楽を見たという話』

― 岩手県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔あるところに信心(しんじん)深い婆(ば)さまが良くない息子夫婦と暮らしてあったと。
 婆さまが齢(とし)とって働くことが出来なくなったれば、息子夫婦は婆さまを邪魔者(じゃまもの)扱いして苦言(にがごと)ばかり言うようになったと。
 あるとき、息子夫婦はひそひそと何事か相談していたが、嫁がいつにない猫なで声で、
 「婆さまし、婆さまし、極楽(ごくらく)見せてあげるはで、みんなで観に行こ」
と言うて、婆さまを下(さ)げモッコに乗せ、息子と嫁の二人して担(かつ)いで奥山(おくやま)さ行ったと。 

 崖の上さ来ると、嫁が、
 「婆さまし、極楽が見えんべ」
と言った。
 婆さまは、なんぼ眺(なが)めても極楽など見えないもんだから、
 「さっぱり見えないじぇ。ずっと下(しも)に川音(かわおと)が聞こえるばかりだじぇ」
と言うと、嫁が下を指差して、
 「ほれ、あそこ、もっと下、もっと下を覗(のぞ)いて見てござい」
と言った。婆さま、
 「どこじぇ」
 って、前屈(まえかが)みで下を覗いたら、その背中を息子がドンと突(つ)いた。婆さまは崖下(がけした)へ落ちて行ったと。息子と嫁は、
 「やれ、こんでさっぱりした」
と言うて、家さ帰って行ったと。 

 挿絵:かわさき えり
 突き落とされた婆さまは、崖の途中(とちゅう)に生(お)がっていた木に、うまいことひっかかった。藤蔓(ふじづる)さつたって、ようよう這(は)いあがったと。 

 あがってはみたものの、今更(いまさら)帰る家もないし、日も暮れてくるし、その晩は山にあったお堂に入って泊ったと。

 眠っていたら、真夜中ごろになって外が賑(にぎ)やかで目が覚(さ)めた。何だべ、と婆さまが戸板をこそっと開けて外を見たら、お堂の前で天狗(てんぐ)さまたちが寄り集まって博奕(ばくち)をやっていた。
 「ははぁん。話に聞いたことある“天狗さまの博奕”というのはこのことだな」
と思って、なおも身を乗り出して見ていたら、戸板がはずれて、ドタン、バタンとえらい音をたててお堂から転げ落ちた。
 そしたら、びっくりした天狗さまたちは銭(ぜに)をその場に置いたままにして、逃げてしまったと。
 婆さまは、その銭を拾い集めて家に帰ったと。 

 婆さまを見て、「あわわ」と驚いて後退(あとずさ)りしている息子と嫁に、何喰わぬ顔をして、
 「いやぁ、極楽ってとこはええとこだなぁ。うんとご馳走(ちそう)食わせてもらって、その上、こったに銭コ貰(もろ)うてきた」
と言った。
 それを聞いた息子と嫁は、
 「そ、そうか、ご、極楽さ行けたのか」
 「んだ。崖から落ちると行けるみたいだ」
 「そら、いいことを聞いた。おらだちも行って、銭コ貰うてくるべや」
と言うて、そそくさと奥山さ行って、崖の上から飛び降りたと。
 良くない息子と嫁は、それっきり帰って来なかったと。

 どんとはらい。 

 挿絵:かわさき えり
 

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ハチとサルとカメ(はちとさるとかめ)

ハチとサルとカメ(はちとさるとかめ)

むかし。ある若者が旅に出た。そして道を歩いていたら、子供がハチに紐(ひも)をつけて遊んでいる。若者はかわいそうに思うて、「銭(ぜに)をやるから、そのハチをわしにくれんか」と言うて、ハチを助けてやった。

この昔話を聴く

鳥の戦争(とりのせんそう)

鳥の戦争(とりのせんそう)

むかし、むかしの大昔。あるときな、鳥たちが東と西に分かれて戦争をすることになったんだと。そこで、東の鳥たちは蝙蝠に加勢を頼みに行ったんだと。

この昔話を聴く

現在615話掲載中!