こずえでなくからす
『梢で啼く烏』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 烏(からす)は元々悪たれな鳥だったと。
 人が丹精(たんせい)かけて蒔(ま)いた種子(たね)を掘り返したり、藁屋根(わらやね)の破風(はふ)を荒したり、いたずらばかりしていた。
 神様これにほとほと手を焼いていて、いつか懲(こ)らしめてやろうと思われていらっしゃったと。
 そしたらあるとき、神様のところへ烏がものたずねにやってきた。
 「神様、神様、ちょっくら教えて欲しい事あって来ました。おれ、好きな女烏(めがらす)出来たんで、巣をかけようと思うども、今年は風が荒れますべぇか、荒れなかべぇか。どっちでございますべぇか」
と、お伺(うかが)いをたてたと。 

 挿絵:かわさき えり
 
 その年は嵐がたびたび起こる年だったが、神様はわざと、
 「今年は上々の日和(ひより)だ」
と、反対を教えたと。 

 これを聞いた烏は喜んで、見晴らしのいい高い木の梢(こずえ)に巣を作ったと。
 いい巣をかけたので、好きな女烏を呼んでこようとしていたら嵐が吹き荒れた。梢にかけた巣は、大揺れに揺れた。女烏は、
 「アホー」
というてあきれたと。
 それからというもの、烏は大風が吹く前になると巣が壊れるのが心配で、梢のまわりを、
 「ガオ ガオ」
と、声からして啼(な)いていたと。
 この様子を見た農家の人たちは、
 「梢に烏群(む)れ啼くは嵐の前兆(ぜんちょう)」
というて、そなえをするようになったと。

 どんとはらい。 

 挿絵:かわさき えり
 

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

佐渡の白椿(さどのしろつばき)

佐渡の白椿(さどのしろつばき)

昔、あるところに二人の商人(あきんど)がおったと。二人は連れだって旅商(たびあきな)いに出た。行くが行くが行くと、とある浜辺に着いた。一人が、「足も…

この昔話を聴く

三人泣き(さんにんなき)

三人泣き(さんにんなき)

昔、あるところにばあさんが住んでおったそうな。ばあさんには息子(むすこ)が一人おって、遠くの街へ奉公(ほうこう)に行っておったと。ばあさんは朝と夕方…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!