ぼっこくいあね
『ぼっこ食い姉』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに長者(ちょうじゃ)どんがおって、娘に三国(さんごく)一の聟(むこ)を欲しがっておったそうな。
 あるとき、三人の若者が同時に「我(われ)を聟に」と談(だん)じ込(こ)んだ。
 いずれも勝(まさ)り劣(おと)りのないたくましい若者だったと。長者どんは、
 「それではまず、東の田千刈(せんかり)、西の田千刈、前の田千刈、田打(たう)ちをしてみよ」
と申し渡した。
 並の男なら十日もかかる千刈田(せんかりだ)を、この三人の若者は、鍬(くわ)を右手に一本、左手に一本持って、ぐるぐるまわしに、ぼっつ、ぼっつと掘(ほ)っくり返して行く。ただの一日で田打ちが終わったと。

 「さてさて、今日の働きには胆(きも)が抜け申した。三人が三人、いずれが早いとも遅いとも判(はん)じかねた。ついては、今しばらくの間この家(や)にとどまって、つとめてみてはくれますまいか」
と長者どんに言われて、三人は二つ返事でこの家に住まうことになった。
 ところが、五日たち、七日たっても、この家の娘は顔を見せてくれない。まれにチラッと見えても後ろ姿だけ。
 三人の若者は気がもめて、気がもめて、
 「俺、もうしんぼう出来ん」
 「俺もだ」
と、二人の若者がしめしあわせて、娘の姿を覗(のぞ)きに行ったと。忍(しの)び忍びで娘の部屋の襖(ふすま)をこそっと開け、中を覗いて、二人はハテと思うた。
 白装束(しろしょうぞく)に乱れ髪(みだれがみ)の娘が、部屋の隅(すみ)の床板(ゆかいた)一枚上げて、白木の棺桶(かんおけ)のようなものを取り出していた。

 おっかねぇもん見たさで、息を殺(ころ)していると、娘はニカニカ笑いながら、棺桶から生まれたばかりのヤヤ児(こ)の屍(しかばね)を取り出して、腕(うで)の付根(つけね)を包丁(ほうちょう)でだぎんと切り、さもうまそうにコリコリ食べはじめた。そして、
 「そこで覗き見している殿方(とのがた)にも上げましょか」
と、食いかけのまっ赤な片腕(かたうで)、ニュッと突き出した。
 二人は、びっくりしたのなんの、魂(たましい)飛ばして、
 「こんな怖っそろしい姉コの聟にはなれらんねえ」
と、その夜のうちに逃げ出してしまった。
 もう一人の若者がそれを聞いて、
 「よし、俺が見届(みとど)けてくれる」
と、娘の部屋を覗いてみた。
 すると確かに、白装束に乱れ髪の鬼女(おにおんな)が、ヤヤ児の頭からコリコリ食べている最中(さいちゅう)だった。

ぼっこ食い姉挿絵:かわさき えり
 驚(おどろ)きついでに、ようっく見ると、鬼の面をかぶった娘が、砂糖餅(さとうもち)で作った人形を食べているんだと。血と思ったのも紅(べに)がらで、何のことはねえ。
 「俺にもその片足食わせてくれ」
と、襖をカラッと開けて手を出した。

 「あら、よくぞ申して下さった。今まで幾人(いくにん)も聟になりたいという人が来ましたけれど私のこの姿を一目(ひとめ)見ると、皆びっくりして逃げるばかり。一人として度胸(どきょう)のある人がなかった。あなたさまこそ、私の夫殿になる方です」
と、いって面をとって乱れ髪をなおしたら、目も覚めるようなべっぴんだったと。
 長者どんも大喜びで、親類縁者小者(しんるいえんじゃこもの)まで呼んで、三国一の花聟花嫁(はなむこはなよめ)ひろめの大振舞(おおぶるま)いをした。その後(のち)は子も出来、孫(まご)も出来、末代(まつだい)まで栄えたと。

 どんと払え。

ぼっこ食い姉挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

昔、ある山の中に貧しい炭焼きの夫婦が小屋を作って住んでおったそうな。女房が夜なべ仕事に糸車をカラカラまわして糸をつむいでいると、狸がたくさん集まって…

この昔話を聴く

半ぴどんと外記どん(はんぴどんとげきどん)

半ぴどんと外記どん(はんぴどんとげきどん)

昔、日向(ひゅうが)の国、今の宮崎県(みやざきけん)の跡江(あとえ)に半ぴどんというとんちものが居(お)ったと。ある日のこと、跡江の半ぴどんが「高岡…

この昔話を聴く

現在615話掲載中!