おやすてとうちでのこづち
『親棄と打出の小槌』

― 岩手県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに婆様(ばさま)と伜(せがれ)とがあったと。
 その伜が年頃(としごろ)になったので、隣村(となりむら)から嫁(よめ)をもらったと。
 嫁は来た当座(とうざ)は姑婆様(しゅうとめばさま)にもよく仕(つか)えたが、だんだんと邪魔(じゃま)にし出した。そして、あることないこと伜に言いつけるようになった。

 「夫(あに)、夫、婆様は困(こま)ったもんです。身体(からだ)洗わねから、ナジョにもハア汚(きたな)くて、汚くて、臭(くさ)いの付着(うつる)からあちこち触(さわ)って欲(ほ)しくねます」
とか、婆様が寝ながら虱(しらみ)をとって噛潰(かみつぶ)している音を聴(き)き、
 「あれあれ夫、聴こえたべ。婆様はちょっとしか無い米を盗(ぬす)んで、ああして夜昼噛み食(く)っているっす。
 あんな婆様を家さ置(お)いといてはごくつぶしだから、奥山さ連れて行って棄(す)てて来てくれな」
と言うたと。

 伜は初めのうちこそ、そんなことァ言うもんでないと言うていたが、しきりに嫁が言うし、嫁の言うことをきかないと面白(おもしろ)くない事ばかりなので、とうとう、
 「よし、ほんだら婆様を奥山へ連れて行って棄てて来っから」
と言うて、婆様をおぶって奥山へ行ったと。
 嫁は門口(かどぐち)で、夫に、
 「山さ行ったら萱(かや)の小屋を作って、その中さ婆様を入れて、火をつけて来てくれ」
と言うた。夫は、
 「ああ、ええから、ええから」
と言うて行ったと。
 そして、嫁の言う通りに萱を集めて小屋を作り、その中に婆様を入れ置いてから、火をつけて逃(に)げ帰ったと。

 婆様は「アチ、アチチ」と言いながら、燃(も)えている小屋から這(は)い出した。が、這い出してはみたものの、他に行く所も、する事もない。小屋の燃え火にあたっていたと。
 そこから更に奥山では、鬼(おに)たちが、
 「あの火明(あ)かりはなんだあ」
 「誰(だれ)か見てこーい」
と言うていて、鬼の子供等(ら)が五、六匹(ぴき)、ていさつに来たと。すると一人の婆様が火にあたっていたから、鬼の子供等も火に手をかざしてあたったと。
 そうして、チラチラと婆様を見ると、婆様の内胯(うちまた)が気になった。皆して不思議(ふしぎ)そうに覗(のぞ)いて見て、
 「婆様、婆様、そこは何だ」
と、聞いた。婆様、
 「ああこれか、これは鬼の子供を食う口だ」
と言うと、鬼の子供等は魂消(たまげ)て騒(さわ)いだと。

 そのさまを見た婆様、わざと大胯(おおまた)を広げて、
 「さァ餓鬼(がき)ども、捕(と)って食うぞお」
とおどかした。
 子鬼(こおに)等は、
 「婆様、許して」
 「その代(か)わりこれをやる」
と言うて、打出(うちで)の小槌(こづち)を差し出したと。

親棄と打出の小槌挿絵:かわさき えり

 婆様、
 「そうかえ、そんならまあ、捕って食うことばかりは許(ゆる)してやろうかえ」
と言うと、子鬼等は、やれよかったと胸なぜおろして奥山へ帰って行ったと。
 婆様は、打出の小槌で、
 「さあさあ、ここさ千軒(せんげん)の町が出ろ」
と言うて、トンと地面を打ち叩(たた)くと、ぞろりっと千軒の町が出た。婆様はその町の真ん中へ行って、また、
 「ここさ、大きな館(やかた)ア出ろ」
と言うて、トンと地面を打ち叩くと、たちまち大きな館が出た。それから、人だの馬だの酒屋(さかや)だの木綿屋(もめんや)だの、いろいろな店を打ち出して、婆様はその町の女殿様(おんなとのさま)になった。

 ある日、伜夫婦(ふうふ)は元通りの貧乏(びんぼう)なままで、痩馬(やせうま)に薪(たきぎ)をつけて、この町へ売りにきたと。
 「木売ろ、木イ売ろオ」
と呼んで、町一番の立派(りっぱ)な館へ行って、女殿様を見ると、なんと、それは先達(せんだ)って自分たちが棄てた、家の婆様であった。
 嫁は「あの婆(ばんば)だがア」と腹を立てて帰ったと。そして、夫に、
 「おれも婆様のようにあんなに立派な館に住みたい。おれもあんなに立派な女殿様になりたい」
と言うて、せがみたてたと。夫は仕方(しかた)なく、
 「そんだら、婆様のように奥山さ連れてってやる」
と言うて、嫁を背負(おぶ)って、婆様とは別の奥山へ連れて行った。萱を集めて小屋を作り、嫁をその中に入れ置いて、火をつけた。
 嫁は焼け死んだと。

  どんとはらい。

親棄と打出の小槌挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

紀州(きしゅう)、今の和歌山県西牟婁郡中辺路町(にしむろぐんなかへじまち)に伝わる話をしようかの。ガイラボシというのを知っているかな。ガイラボシとい…

この昔話を聴く

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

現在606話掲載中!