わにざめといしゃぼうず
『わに鮫と医者坊主』

― 岩手県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、ある渡場(わたしば)に乗り合いの船(ふね)があったと。お客を乗せて海を渡っていたら、急に船が動かなくなったと。いっくらこいでも、船は前にも進まない、後(うしろ)にも戻(もど)らない。
 すると船頭(せんどう)は、お客一同に、
 「これは、わに鮫(ざめ)がお客様方の誰かを見込(みこ)んだためだから、どうか、めいめいの持ち物を何かひとつ海へ投(な)げて下さい。そうすると、見込まれない人の物はそのまま流れるが、見込まれた人の物は、水の中に沈(しず)むから」
と言うた。

 そこでみんなは、めいめい持ち物をひとつ取り出して海に投げ入れたと。
 すると、ゲンナさんという医者坊主(いしゃぼうず)の投げた手拭(てぬぐい)だけが、引き込まれるように沈んだと。
 ゲンナさんは、こうなっては仕方(しかた)がない。他の一同を救(すく)うためなら、と覚悟(かくご)して、薬箱(くすりばこ)を肩(かた)にかけて水の中へ飛び込んだ。
わに鮫と医者坊主挿絵:かわさき えり

 わに鮫が大っきな口を開けてゲンナさんを一呑(ひとの)みにしたと。
 わに鮫の暗い腹(はら)の中でゲンナさんは必死(ひっし)になって考(かんが)えた。やがて、薬箱の中から一番苦(にが)い薬を取り出して、それをわに鮫の腹の中一面(いちめん)になすりつけた。
 わに鮫はゲンナさんを呑んで腹がふくれ、大いに満足(まんぞく)して泳(およ)いでいたら、急に腹具合(ぐあい)がおかしくなった。痛(いた)いし、ムカムカするし、あんまり苦(くる)しくて、とうとうゲロッて吐(は)いた。
 ゲンナさんも一緒(いっしょ)に吐き出されて、渚(なぎさ)の砂(すな)の上まで飛ばされたと。

 船の人達(ひとたち)はそれを見て、声かけあって船を岸(きし)にこぎ寄(よ)せたと。青い顔してひっくり返(かえ)っているゲンナさんを、手をさすり、足をさすり、顔をさすりしていたら、すっかり元気をとり戻(もど)した。
 「やあ、よかった」
 「よかった」
言うて、みんなして喜(よろこ)んだら、船頭が酒樽(さかだる)をひとつ、船から下(お)ろして、酒盛(さかも)りが始まった。

 酒を呑みながら船頭が言うには、今までにいろいろな船が同じような目にあい、見込まれた者が海に飛び込んだり、嫌(いや)がるのを投げ入れられたりしたそうな。そうした者の内、誰一人(だれひとり)として生きてかえった者はなかったのだと。
 「だから、格別(かくべつ)にめでたいこっちゃ。ゲンナさん、ここはひとつお前さん踊(おど)らにゃならん」
と言うと、ゲンナさんその気になって鉢巻(はちまき)をしながら立ち上がって、
 
 〽 わに鮫に呑まァれて 吐き出さァれェ
    運がいいやら 悪いやらァ
 
と歌って踊ったと。そしたら、海の中からわに鮫が顔を出して、
 
 〽 おめのよな臭(くさ)ァ坊主
    のんだことねえ
    煮(に)ても焼(や)いても 呑まれねえ
 
と、ののしったと。

わに鮫と医者坊主挿絵:かわさき えり
 
  どんとはらい。

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

むかし、今の道後温泉(どうごおんせん)のそばに、湯月城(ゆづきじょう)というお城があって、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)という殿さんがお…

この昔話を聴く

吉四六さんの物売り(きっちょむさんのものうり)

吉四六さんの物売り(きっちょむさんのものうり)

昔、大分県野津市(のづいち)というところに、吉四六(きっちょむ)さんという、面白(おもしろ)い男がおったそうな。とっさの時、心のはたらき方が面白いの…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!