やなぎのびなん
『柳の美男』

― 岩手県 ―
再話 佐々木 喜善
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、盛岡(もりおか)の木伏(きぶし)に美(うつく)しい娘(むすめ)があったと。
 毎日家の前の北上川(きたかみがわ)へ出て、勢(せい)よく伸(の)びた柳(やなぎ)の木の下で洗濯物(せんたくもの)をしていた。
柳の美男挿絵:かわさき えり


 あるとき、その娘がいつものとうり洗濯に出たまま行方(ゆくえ)がわからなくなったと。
 家の人たちや村の人たちは、
 「いったいぜんたい、どこへ隠(かく)れてしまったんじゃ。神隠(かみかく)しみたいだ」
と言いあいながら、方々(ほうぼう)をたずね歩いたけどどうしても探(さが)し出すことが出来なかったと。
 ところが、二、三日経(た)ってから娘がその柳の木の幹(みき)にたくさんの枝々(えだえだ)で絡(から)まれて、しっかりと抱(だ)かれているのが見つかった。
 村の人たちは娘を助(たす)けて家に連れ帰った。


  そのあと娘は永(なが)らくぶらぶら病(やまい)にとりつかれて青い顔をしていたが、快(よ)くなってからこう言うた。
 あの日の夕方、いつものように柳の木の下で洗濯をしていると、どこからか、見たことのない美しい男が来て抱きついて放(はな)さない。そのうちに何が何だか気が遠(とお)くなって、何とも知(し)らなくなった。
 その後(のち)、柳の木は自然(しぜん)に枯(か)れて死んだ。

 どっとはらい。

img_02挿絵:かわさき えり

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

壺算用

壺算用

昔、吉四六(きっちょむ)さんが梅干(うめぼし)を入れる壷(つぼ)と水瓶(みずがめ)を買おうと、瀬戸物屋(せとものや)へ行ったそうな。「ごめんなっし、…

この昔話を聴く

三太のかかの出べそ(さんたのかかのでべそ)

三太のかかの出べそ(さんたのかかのでべそ)

あるところに、三太いう気のいい男がおった。三太のかかは出べそだったんだが、三太のほかには、だぁれもしらん秘密だったと。ある夜のこと、三太のかかが風呂さ入っているとこを、キツネがこっそりのぞいて見てしまったんだと。

この昔話を聴く

現在663話掲載中!