さるのいきぎも
『猿の生肝』

― 鹿児島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、竜宮の神さまのひとり娘、乙姫(おとひめ)が病気になったので、法者(ほうじゃ)に占ってもらったと。
 法者はムニャラ、ムニャラ占いをやって、
 「この病気は、猿の生肝をさしあげなければ、なおる見込みがありません」
というた。
 竜宮の神さまは、亀(かめ)を使いに立てて遠い国へ猿をさがしにやった。
 亀はさがしにさがして、ようやく、とある島の海辺の岩の上で、海のかなたをながめていた猿を見つけたと。
 

 
 「猿どの猿どの。お前は竜宮へ行って見たくはないかい」
 「いちどは見物してえもんだと思うてはいる」
 「そんなら連れていってあげようか」
 「ほんとかい、亀どん」
 「ほんとさ。俺の背中に抱きついておれば、竜宮までは目(ま)ばたきする間じゃ」
といわれて、猿は喜んで亀の背中に抱きついた。
 亀が海の水をひとかきしたと思ったら、いつの間にか竜宮へついていたと。
 

 竜宮では、たくさんのごちそうを出し、魚のきれいどころの舞いなども見せて、しばらくの間、猿を遊ばせたと。

挿絵:かわさき えり
 

 ある日、蛸(たこ)と針河豚(はりふぐ)と猿とが酒を呑んでいたら、酒に酔った蛸と針河豚が、
 「ほんとうは乙姫さまに、お前の生肝を差し上げることになっているんだ」
 「そうだ。お前の命はながくはあるまいぞ。だから、さあ呑め、今のうちにたくさん呑んでおけ」
 「いや、ゆかい、ゆかい」
というて、口をすべらしたと。

 猿はゆかいどころでない。びっくりして、ただよりこわいものはないと思ったと。何とか逃げ出す算段をしなくては、と思案した。
 「いやぁ、すまないことをした。亀どんに誘われたとき、実は肝をほしているときだったんだ。すぐに帰ると思ったものだから、ほしたままにしてきた」
というた。
 そしたら、竜宮の神さまもこれを聞いて、
 「肝を島に忘れたとあれば致し方がない。早く行って、とって来なさい」
というて、また、亀と一緒に帰してやったと。 

 島に着くと猿は岩をつたって高い所へ行った。そして、
 「やあやあ、俺の生肝をとろうたぁ、とんでもねえやろうたちだ。生肝を忘れたぁなんぞ、まっかなうそ。第一、肝なんぞとりはずし出来るもんか。そおれ、これでもくらえー」
というて、大きな石を転がし落とした。石は亀の背中に当って、ひびが入ったと。亀の甲らは、これ以来、今だにひび紋様がついたままだと。
 亀が竜宮に帰って神さまに報告したら、蛸と針河豚が告口(つげぐち)したことがわかって、その罰として、蛸は骨を抜かれ、針河豚はうちくだかれて、骨が外へばらばらになって飛び出し、いまのように針だらけになったそうな。

 そしこんむかし。 

 挿絵:かわさき えり
 

鹿児島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

塞の神さまの借金(さいのかみさまのしゃっきん)

塞の神さまの借金(さいのかみさまのしゃっきん)

むかし、秋田県の下檜木内村(しもひのきないむら)の村はずれの塞(さい)の神さまは、山の神さまから借金があったと。ところが、返すと約束した正月の十五日…

この昔話を聴く

雪娘(ゆきむすめ)

雪娘(ゆきむすめ)

むかしむかし。北国の村に、子供のいない爺さまと婆さまが住んでおった。冬のひどい吹雪(ふぶき)の夜のこと、「ごめんなされ、ごめんなされ」と、外で声がす…

この昔話を聴く

現在674話掲載中!