おにがしまのめいち
『鬼ガ島の目一』

― 鹿児島県種が島 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある村に両親にさきだたれた娘が一人で暮らしておった。
 あるとき、娘は山に椎(しい)の実を拾いに行った。
 その頃は鬼がいて、鬼ガ島から赤鬼がカゴをかついで娘を盗みに来ていた。
 間の悪いことに、娘は山でその鬼に見つかり、あっという間もなく、カゴの中に押し込められてしもうたと。
 娘はカゴの中で、叫んだりもがいたりして助けを求めたが、鬼の姿があんまり恐ろしゅうて、誰ひとり、手出しするものはなかったと。 

 鬼は、娘を入れたカゴを軽々と背負って海辺に行き、つないでおいた黒舟に乗せた。
 鬼はその舟についているネジを巻いた。その舟はネジをかけると、千里も走ることが出来る舟だったと。舟は、あっという間に鬼ガ島に着いた。

 娘は鬼たちから大層大事にされ、毎日を、まるで女王のように過したと。
 しかし、日がたつにつれて、だんだん故郷(ふるさと)のことが恋しくなった。つい海辺に出ては、沖の方をながめていたと。
 が、そのうち、鬼と娘との間に男の子が生まれた。
 娘は生まれた子を見てびっくりした。目が一つしかなかったと。しかし、生まれたからには、と心をきめて、娘は母親として、その男の子を大事に大事に育て、名前を目一とつけた。 

 目一は病気ひとつせずに、すくすくと大きくなり、それに並はずれて頭がよくて、何でも自分でやる子だったと。また目一は、母親の心を読むことも出来る子であったと。
 ときどき母親が海辺へ行っては、はるかかなたを見ているのを、さみしく思うこともあった。
 ある日、目一は、母と子二人のとき、
 「お母さんの国へ帰ろう」
というた。母は、目一に心を悟られたのを恥じ、
 「お前にまで心配をかけていたんだね。ごめんよ。でも、もういいの、お母さんは、お前とここで暮らしているのが一番いいの」
というた。 

 それからまたしばらく経ったある日、目一が
 「お母さんの国へ帰ろう」
というた。
 「ありがとう目一、でもね、お前はお母さんの故郷がどんなところか知らないから、そう言ってくれるのヨ。帰ったら、お前にもいいことはないわ。故郷はときどき思い出すだけでいいの。だから目一や、この話はもうなしにしようね」
というた。

挿絵:かわさき えり
 

 それから何年も経ち、目一は立派な若者に成長した。鬼の仲間うちでは一番の知恵者でゆくゆくは頭目(とうもく)になるのではないかといわれはじめたと。
 そんなある日、目一は、
 「お母さん、お母さんの国へ一度は行って見てきたい」
というた。母は目一がしっかりした若者になって、自分の考えでそう言っているのに気づいて、とうとうその気になったと。 

 それからは、鬼たちに気づかれないように準備にとりかかった。食べ物を揃(そろ)えたり、着物に金銀サンゴをぬい込んだりしたと。
 鬼たちの留守のとき、母と目一は海岸に出た。黒舟が三艘(さんせき)浮かんでいた。ひとつの舟はネジを巻くと千里はしり、次の舟は万里(ばんり)はしり、その次の舟は、もっと遠くまで走る舟だと。
 二人は三番目の舟に乗りネジを巻いた。あっという間に母の国の海辺に着いたと。 

 さて、母の国へ帰った二人がどうなったかは伝わっていない。
 別のお話では、目ひとつが大阪で見せ物になっているのがあるので、もしかしたら、それが目一の、その後の姿かも知れんし、もしかしたら、それは別の鬼と別の娘との間に生まれた別の子の姿かも知れない。

 そいぎいのむかしこっこ。 

 挿絵:かわさき えり
 

鹿児島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山の一軒家(やまのいっけんや)

山の一軒家(やまのいっけんや)

むかし、あるところに炭焼きの若い衆(し)が二人で、春炭(はるすみ)を焼きに山へ行ったと。ところが、どこでどう道を迷うたのか、行けども行けども炭焼かま…

この昔話を聴く

狐の玉(きつねのたま)

狐の玉(きつねのたま)

むかし、ある寺に、かしこい小僧がおってな、山の狐穴(きつねあな)から、狐の玉を拾(ひろ)ってきたそうな。その玉が無いと、狐は人をだませんのだと。小僧…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!