ゆりわかだいじん
『百合若大臣』

― 鹿児島県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに、それはそれは豪胆(ごうたん)な百合若大臣(ゆりわかだいじん)という武将(ぶしょう)があったと。百合若大臣は、ひとたび眠(ねむ)れば七日間も眠り続け、起きれば七日間も起き続けるという人であったと。
 
百合若大臣挿絵:かわさき えり

 あるとき、大臣は江戸へのぼることになった。船をしたて、供(とも)の者大勢連れて出掛けたと。
 途中で無人島(むじんとう)に立ち寄り、水を汲(く)むことになったと。
 大臣の一番の供が陸(おか)へあがって島を調べ、大勢の供たちを船から降(お)ろした。そして、
 「お前たち皆(みな)も陸で休め。大臣とおれも陸でしばらく寝ることにした」
と言うた。お供の者たちは、久し振りの陸に皆、喜(よろこ)んであがったと。
 しばらくすると、また一番の供が、
 「みんなが騒(さわ)ぐとゆっくり寝ていられないから、今度は船で遊べ」
と言うて、みんなを船に戻した。

 大臣はというと、もう、ぐっすりと眠ってしまっている。一番の供は、大臣の腹帯(はらおび)と刀(かたな)をとって、何喰(く)わぬ顔で船に戻り、船を出させたと。江戸へは向かわないで、国に戻ったと。
 
img_02挿絵:かわさき えり

 国に帰り着いた一番の供は、百合若大臣の妃(きさき)に、
 「大臣は無人の島で死んでしまいました。死ぬとき大臣は『わしの妻(つま)は、お前にやるから一緒(いっしょ)に暮らしてくれ』と、遺言(ゆいごん)されました。わたしは大臣の葬式(そうしき)をしてから帰って来ました」
と、嘘(うそ)を言うたと。妃は、
 「あれほどの人が、ただ死ぬとは考えられぬ。死んでも魂(たましい)は生きて私の元へ来るはず。あなたの妻になることは出来ません」
と言うて、承知(しょうち)しなかったと。
 館(やかた)に残っていた家来たちも、
 「せめて、三年の忌晴(いみばれ)を待ってはどうです」
と進めたが、一番の供は、
 「お前たちは黙(だま)っとれ」
と叱(しか)りつけ、とうとう大臣の妃を己(おのれ)の妻にしたと。

 百合若大臣は、大層(たいそう)立派(りっぱ)な馬を持っていた。一番供がその馬に乗ろうとすると、馬は気が荒(あら)くなって、手におえないのだと。
 それで一番供は、黒鉄(くろがね)の厩(うまや)を作って、その中に押し込めてしまった。
 その頃、無人島では、七日間も眠り続けた百合若大臣が、やっと目をさました。ところが、供の者は一人もおらず、火の気もなかった。
 「謀(はか)られたか。彼奴(きゃつ)め、生かしてはおかぬ」
 この上は何としてでも生きて国へ戻ると決意したと。
 大臣は、来(く)る日も来る日も海の貝を拾って食いつなぎ、長い長い間、無人島で暮らしたと。ようやく、島の沖(おき)を大きな船が通りかかった。
 大臣は、ありったけの声を出して叫(さけ)び、木を振(ふ)り廻(まわ)した。

 船の者が気付いたと。
 「この島に人が居るはずがない。鬼ではないか」
 「いやいや、人に相違(そうい)ない」
 「こうしてみたらどうだ。船を近づけて、カイの先に米粒(こめつぶ)を三粒(みつぶ)つけて差し出せば、人間ならそれを口に入れ、いつまでも噛(か)んでいる。鬼なら丸飲みにしてしまう」
 こう談義(だんぎ)して、船を島に近付けたと。
 見れば、なるほど髪(かみ)は伸(の)び放題(ほうだい)に伸び、顔も髯(ひげ)におおわれて、人とも鬼とも言い切れない。カイに米粒三粒をつけて差し出すと、米粒をとって、味わうように、いつまでも噛んでいる。
 「これは人間じゃ」
と言うて、船の者たちは大臣を助けあげたと。

 大臣から、この島に居た理由(わけ)を聞いた船の者たちは皆々(みなみな)驚(おどろ)いた。しかも、音に聞こえた百合若大臣だというのだから尚更(なおさら)だ。
 「あなたの妃殿(きさきどの)は、今では一番の供の妻になっていると聞き及(およ)んでおります。何でも、あなたは、とうに亡くなっていて、いまわの際(きわ)に妃殿を一番の供に託(たく)したと言うことでした」
 これを聞いた百合若大臣は、いよいよ国へ帰ることにしたと。
 船の者たちの手厚(てあつ)いもてなしで、大臣の身体(からだ)はやせてはいても、段々元気になってきた。
 しかし、髪も髯もそのままにしておいたと。 国に帰ると、大臣は館の隣の家に行って、
 「馬の草刈(くさか)り部(べ)か、庭掃(は)き部にしてくれ」
と頼んで、その家の草刈り部にやとわれたと。
 その家(や)の他の下人(げにん)たちは、大臣の身なりを見てあざけったと。が、一度(ひとたび)草刈りを始めると、その早いのに驚いて、たちまち一目(いちもく)も二目(ふたもく)も置くようになったと。

 次の日、大臣は隣近所の七人の草刈り部と一緒に草刈りに行った。みんなに向かって、
 「おれがこの大鎌(おおがま)で草を刈り出すから、お前たちはそれを拾って籠(かご)に入れてくれ」
と言うた。皆は大喜びで、大臣の刈る草を拾い集めたと。たちまちのうちに皆の籠が一杯(いっぱい)になり、それを朝、昼、晩の三度(みたび)担(かつ)いで帰ったと。
 それまでは、一日一籠(ひとかご)の作業量だったから、いっきに三倍の量(はか)がいくようになり、七人の草刈り部の主人たちは皆々喜んだと。すると、隣の館の主人で以前の一番供が、
 「是非、その草刈り部をわしに譲(ゆず)ってくれ」
と言うてきた。
 「それは出来ん」
 「いや、譲ってくれ」
 「それほどまで言うのなら、本人の望(のぞ)む通りにしよう」
と言うことになり、百合若大臣に聞いてみた。
 「行きます」
と言うので、大臣は己の館の草刈り部としてやとわれることになったと。

 百合若大臣は己の館に行くと、刈って来た草を馬にやりたいと言うた。 黒鉄の厩の前に立ったら、馬番(うまばん)が、
 「その馬は近寄ると喰(くら)いつくから、遠くから草を投げ与(あた)えろ」
と言う。大臣は、かまわず厩に入って行き、馬の耳に口をあてて、
 「お前は、元の主人を忘れたか」
とささやくと、馬は逆立(さかだ)てていた毛を伏(ふ)せて鼻顔(はなづら)をこすりつけてきたと。
 大臣は馬をひいて庭へ出た。びっくりしている馬番に、
 「この馬の鞍(くら)を貸(か)して下され」
と言うと、四人の者が鞍を担(かつ)いで来た。大臣は、その鞍を片手で馬にかけ、腹帯(はらおび)を締(し)めると、次に、
 「鞭(むち)を貸して下され」
と言うた。今度は二人の者が鞭を担いで来た。
 大臣は、その鞭を小指(こゆび)ではさんで受け取り馬に乗ったと。
 庭の東西(とうざい)を三度(さんど)乗りまわしてから、鞍をはずし、馬をやさしくなぜてやった。馬は嬉しそうにいなないたと。

 馬番は、この馬が人を乗せたのは、前のご主人以来のこととて、びっくりしたままだ。
 その馬番へ、大臣は、
 「弓を貸して下され」
と頼んだ。馬番が武器番(ぶきばん)に話すと、そんな奴(やつ)なら、これはどうだ、と言うて、鋼鉄(はがね)で作った弓と矢を、四人がかりで担ぎ出してきた。
 大臣は弓と矢を片手で受け取ると、弦(げん)を引きしぼり、ビン、ビンと鳴(な)らして試(ため)してみた。
 「うむ。これなら大丈夫。
 この家のご主人の皿に、ちょうどよい鳥がいるから、射(う)ちとりましょう」
と言うて、鋼鉄の弓に鋼鉄の矢をつがえ構(かま)えた。その構えを見た武器番は、はっと息を呑(の)んだと。
 「と、と、殿」
 すると、馬番もようやく気が付いた。
 「と、と、と、殿」
 百合若大臣は、それにはかまわずに、
 「雌(めす)の鳥はどけ、雄(おす)の鳥は出(い)でよ」
と、大声で言うた。

百合若大臣挿絵:かわさき えり
 そしたらこの家の主人で、元の一番供が出て来て、
 「どれ、どれ、鳥はどこにおるか」
と言うた。大臣が、
 「鳥は、お手前(てまえ)。さてもおろかなやつ。まだ、このわしが分からんか」
と言うと、一番供は目を細めて見、はっと息を呑み、まさかという顔をした。
 「そうだ、そのまさかじゃ。お前の命、最早(もはや)これまでじゃの」
と言うて、一矢(ひとや)で射殺(いころ)してしまったと。

 館へ上がると、妃は息も出来ないくらいに泣いていた。妃からことの次第(しだい)を聞いた百合若大臣は、
 「女のそちに他に何が出来たか。そちさえよければ、元のように夫婦(みょうと)になって暮らそうぞ」
と言うた。百合若大臣と妃は、再び、むつまじく暮らしたそうな。

  そいぎぃのむかしこっこ。
百合若大臣挿絵:かわさき えり
 

鹿児島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鬼と刀鍛冶(おにとかたなかじ)

鬼と刀鍛冶(おにとかたなかじ)

むかし、能登(のと)の国(くに)の海辺(うみべ)の村に、刀鍛冶(かたなかじ)が暮らしておったと。働(はたら)き者で、トテカ-ン、トテカ-ンという刀を…

この昔話を聴く

山伏と狐(やまぶしときつね)

山伏と狐(やまぶしときつね)

昔、あるところに茅部野(かやべの)というところがあってな、そこは狐(きつね)がよう出るところで、度々人がだまされて、道を迷(まよ)うて難儀(なんぎ)…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!