しゅっせむすこ
『出世息子』

― 鹿児島県薩摩郡 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 先(せん)もいい申すごと、ところも名も知らぬ話で-。そんなんでよかと?
 ほうか、ほんならまあ、茶ァでも飲みながら聞きんしゃい。

 昔、あるところに夫婦者(ふうふもの)がおいやって、二人の間に男の子が出きんしゃった。
 その子は七ツ八ツになって使い事をよくするようになったが、親の言うことにそむいたことの無い子で、それが世間にも評判(ひょうばん)になった。
 ある日、夫婦の話さることが、
 「あの子は『いいや』っちぃ言葉を知っとんじゃろか」
 「親にさからったこと無かとじゃもんねぇ」
 「世間さまにゃぁ、なにをぜいたくなと言われるかも知れんが、たまには子にさからわれる親をやってみたい」
 「一厘銭(いちりんせん)三枚持たして、その三厘の銭(ぜに)で大船一艘(おおぶねいっそう)もの儲(もう)けして来いと言ったら、それには『いいや』と言うじゃろねぇ」

出世息子挿絵:かわさき えり
 こう話しているところへ、子供が外から遊んで戻って来た。
 「おい、お前はこの三厘の銭で船一艘ほどの儲けをして来んか」
 親が言うと子供は、「はい」と言うや、その銭をもろうて、チャッチャイ出掛けて行ったちい申す。

 親二人は、アワアワと言うてあきれておいやった。
 子供は足に任(まか)せて歩いて行くと、村はずれのある店先に、起き上がり小法師(こぼし)があった。店の者に、
 「この小法師はいかほどですか」
と聞くと、
 「はい二つで三厘です」
と言う。
 子供は、起き上がり小法師を二つ買(こ)うて、また歩いて行った。行ったところが、途中に景色のよかところがあって、そこで涼(すず)んでいると、右の袂(たもと)の起き上がり小法師と左の袂の起き上がり小法師が、
 「ここは景色のよかところじゃが、相撲(すもう)でも取ろうか」
と言うて、袂から飛び出して、取ったい、投(な)げたいを始めた。子供もそれを見て、しばらくは楽しみができらった。

 その内、子供が、
 「小法師ども、お前らは隣村行っても相撲取るか」
と言うと、
 「はあい、取らじん、取らじん」
と言う。
 子供は、これで大船一艘の儲けをせんにゃならん、と考えて隣村へ行ったって。庄屋(しょうや)のところへ行ったって。
 「私は隣村の者ですが、明日、土で作った人形が相撲を取りますから、皆見物するようにどうか布令(ふれ)を出してくれやらんか」
 庄屋は、「それは面白い」と言うて、“門銭(かどせん)十銭持って明日は見に来い”という布令をだし、浜辺に土俵も作ってくれた。

 次の朝、浜辺の土俵の周囲(しゅうい)にたくさんの村人が見物に集まった。
 子供は小法師を東と西に分けた。小法師はシコを踏(ふ)み合うて、取りおうた。
 
出世息子挿絵:かわさき えり

 「こんな珍(めず)しい相撲を見れるなんて十銭やそこら安いもんじゃ」
と言うて、銭を投げる者、菓子を投げる者、反物(たんもの)を投げる者、皆が皆何やかやと投げてくれた。庄屋からも褒美(ほうび)がたくさん出た。
 それを船に積(つ)んだら、いっぱいの荷物(にもつ)になった。
 子供は船乗りをたのんで、旗印に“銭三厘で船一艘の儲け”と書いて隣の自分の村の港へ入った。
 親は、
 「こっら、ほんにまあ、ほんまか」
と驚(おどろ)きんしゃった。
 それから親子は結構な暮らしをしたということだ。

  ここずいのむかし。

出世息子挿絵:かわさき えり

鹿児島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ネズミのスモウ

ネズミのスモウ

むかしむかし、あるところに長者殿と貧乏な爺さ婆さとが隣あってあったと。両方の家にネズミがいたと。長者殿のネズミはまるまると太り、爺さ婆さのネズミはや…

この昔話を聴く

一つ目狸(ひとつめだぬき)

一つ目狸(ひとつめだぬき)

むかし、むかし。和歌山県白浜町の富田川河口から大字袋を越えて行く途中の坂に、一匹の変わった狸がおったと。目ン玉が一つで、それを大きく見開いては人を驚かす狸であったと。

この昔話を聴く

現在622話掲載中!