あめはどく
『飴は毒』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、とってもケチな和尚(おしょう)さんがおったげな。
 カメに水飴(みずあめ)を入れて、ひとりでなめているんだと。小坊主(こぼうず)が、
 「私にも」
と言えば、
 「これは毒じゃ」
と、仏壇(ぶつだん)の下にかくすんだと。

 あるとき、和尚さんが、檀家(だんか)に法事があって行くことになったと。そんで、
 「あの仏壇の下の戸を開(あ)けたらおおごとぞ、あっこにゃぁ、毒を置いちゃるけ」
 言うちょいて、出ていったげな。 

 飴は毒挿絵:かわさき えり
 
 和尚さんが出て行くと、じきに、かしこい小坊主が、和尚さんが一番大事にしよる牡丹(ぼたん)の鉢(はち)を、板の間へぶっつけて割ったと。
 そしたら、他の小坊主らがびっくりして、真(ま)っ青(さお)になったと。
 けんど、その小坊主は平気のへいざで、
 「さあ、これから、あの仏壇の下の水飴をなめようや」
と言うて、みんなを連れて行って、指をつけては、
 「うまい、これはうまい」
 ちゅうて、なめてしもうたと。
 

 そうしているうちに、和尚さんが戻って来てみると、あの大事な牡丹の鉢が割れちょる。
 真っ赤になって、
 「この鉢を割ったのは、いったい誰ぞ、ここへ出てみよ」
 言うて怒ったげな。
 そしたら、かしこい小坊主が、和尚さんの前へ出て、
 「私が、和尚さんの大事な大事な鉢を割りました。死んでおわびをしょうと思うて、仏壇の下の毒をなめてみましたが、まだ死ねません。けれど、もうじき毒が身体にまわって、じき死ぬろうと思いますけ、どうぞ、こらえてつかっさい」
 言うて、涙をポロポロ出して、泣きじゃくったげな。
 他の小坊主も、水飴をなめたけんど、自分ひとりがなめたように言うて、罪をかぶったと。
 和尚は、どうも芝居(しばい)くさいと思うたが、いまさらあれは水飴じゃ、とも言えんで、ハツタイ粉を作って、
 「解毒(げどく)の薬じゃ」
 ちゅうて、小坊主に飲ませたげな。
 こげなかしこい小坊主じゃったけに、後には、たいそう偉い坊さんになったそうな。 

 むかしまっこうたきまっこう
 たきからこけて猿のつびゃぁ
 ぎんがり。

飴は毒挿絵:かわさき えり
 

高知県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

観音さま二つ(かんのんさまふたつ)

観音さま二つ(かんのんさまふたつ)

むかし、ある山奥に山姥(やまんば)が棲(す)んでおったと。山のふもとの村人が、山へ入って柴刈りや山菜採(さんさいと)りをしていると、どこからともなく…

この昔話を聴く

雉女房(きじにょうぼう)

雉女房(きじにょうぼう)

むかし、あるところに貧乏な若者が一人暮らしておったと。ある冬の日、雉(きじ)が鉄砲撃(てっぽうう)ちに追われて薪木(まきぎ)を積み重ねたかこいにささっているのを見つけて、助けてやったと。

この昔話を聴く

現在589話掲載中!