ちぞめのあしがた
『血染めの足型』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、たぶん江戸時代の頃じゃと思います。
 ここは高知県南国市(なんごくし)篠原(しのはら)ですが、この土地に、渋谷権右衛門(しぶやごんうえもん)という郷士(ごうし)がおりましたそうな。
 その渋谷の家に、お春(はる)という娘が女中奉公をしておりました。そりゃ気立てのよい優しい娘で、その上なかなかの器量よしでもあったそうです。一家のもんからは可愛がられ、かげひなたのう働きよりましたそうな。 ところが「禍福(かふく)は背中あわせ」の諺(ことわざ)どおり、お春はそのすぐれた器量のために、かえってふしあわせを背負う破目になってしまいました。 

 挿絵:かわさき えり
 
 主人の弟に藤四郎(とうしろう)という若者がおりました。これがすっかりお春に参(まい)ってしもうて、思いのたけを打ち明けて言い寄って来たそうです。
 ところがお春には、婚約したイトコがおりました。ほんで藤四郎は片思いになったわけです。
 さあ、恋の怨みというもんは、昔も今も変らず恐ろしいもの―俗にいう、可愛さあまって憎さが百倍です。やきもちのために、藤四郎の心は狂うてしもうたじゃないかと思います。 

 ある日のこと、お春は渋谷家に伝わる家宝の皿を洗うておりました。洗いかけてちょっと用事を思い出したので、そこをはずしました。
 そのすきに藤四郎が一枚だけ失敬して、どっかへ隠してしもうたんです。
 お春はひどく驚きました。
 そりゃそうでしょう。大事な家宝の皿を一枚無(の)うしたもんですきにね。
 これを聞いた主人の渋谷権右衛門も、それこそ烈火のような怒りかたでした。
 夜昼ついでお春をセッカンし、むごいことにとうとう責め殺してしまいました。
 さあ、それからです。毎晩、あやしいことが起りだしたのは。
 例(れい)の草木もねむる丑満(うしみつ)刻(どき)。どこからとも無う、若い女の、一枚、二枚、三枚・・・と皿を数える声が聞こえてくる。
 

 そうしておしまいには、一枚足りない皿を哀しんで、しぼり出すような泣き声になる。その声はまるで総身に冷水をあびせかけられるような、恐ろしさじゃったといいます。
 ところで、その時刻になると、藤四郎は高い熱を出して、呻(うめ)き苦しみ、気ちがいのように転(ころ)び廻ったそうです。
 そうして、とうとうお春の殺された場所で、もだえ死にしよりました。そこでは、お春の血染めの足型が、毎朝なんぼふいても板縁(いたえん)についちょるそうです。

挿絵:かわさき えり

 とうとう権右衛門もおそろしうなって、屋敷の西の方に祠(ほこら)を建ててお春の霊をまつりました。
 これが今に残る「春喜(はるき)さま」です。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

江戸時代の中ごろ、江戸の小石川、今の文京区に、病の妻を持つ田村という侍がいてたいそうお地蔵さまを信心しておった。侍は、毎日、毎日、妻の病が早くなおる…

この昔話を聴く

分別八十八(ふんべつやそはち)

分別八十八(ふんべつやそはち)

むかし、むかし、奥州のある村に、八十八という名前の男が六人も住んでおったそうな。あだながなくては誰が誰だかよくわからない。そこで、一人は気が荒いから外道八十八、ひとりは博変がすきで博奕八十八・・・

この昔話を聴く

現在619話掲載中!