みじかいのかね ながいのかね
『短いのかね 長いのかね』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 これは本当にあった話らしい。
 あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮らしていたんだな。
 ある夜、この家へ泥棒(どろぼう)が入ろうとして中の様子を窺(うかが)いよったそうな。
 ところがこの爺さん、なかなか肝(きも)のすわったお人で、戸の外で泥棒がうろつきよるのを知って、知らんふり。わざと、
 「婆さん、もう寝ようや」
と、大声で言って、その実(じつ)、入り口の戸の脇に座りこんで泥棒の様子を窺(うかが)っておった。

 そんなこととはつゆにも知らん泥棒は、頃合(ころあ)いを見計らって、入り口の戸の大っきな節穴(ふしあな)から棒を差し込み、それを二度三度かきまわすように動かしてから外へ引き抜いたと。
 もしも家の中の人が眠っていなかったら、きっと騒(さわ)ぎたてるにちがいない。そんならそれで逃げてやろう、との思惑(おもわく)だが、家の中はうんでもない、すんでもない。静かなもんだ。
 「しめしめ」
と、今度は辛ん張り棒(しんばりぼう)をはずそうとて、その節穴から手をニュッと押し込んだと。
 そしたら、それまで泥棒のすることをニンマリして見ておった爺さん、
 「そら来た」
とばかりに、その手をつかまえたと。

短いのかね 長いのかね挿絵:かわさき えり
 びっくりした泥棒が、何とか手を引き抜こうともがいたが、どうにも引き抜けん。
 いや、その力の強いこと、強いこと。
 戸板1枚はさんで、内では爺さんがしてやったりという得意な顔、外では泥棒、必死な顔だと。

 そうこうするうちに、爺さんが、
 「婆さんや、それを持ってきなさい」
と、落ち着き払った声でいう。
 「短いのかね、長いのかね」
 婆さんは尋(たず)ねている。
 さあ、外の泥棒はあわてた。
 <短いのとは短刀か出刃包丁(でばぼうちょう)か。長いのとは大刀(だいとう)かもしれん。俺の腕(うで)を斬(き)るつもりだな、こりゃぁおおごとだぁ>
 「ま、待ってくれ、助けてくれっ、許してくれぇ」
と、泣きごとを言って騒(さわ)いだが、爺さんはつかんだ力をゆるめてはくれん。それどころか、
 「長いのを持ってきなさい」
 「はいはい、長いのですね」
と、いよいよぶっそうなことを言う。

 泥棒は、今斬られるか、今斬られるかと冷や汗を流しよった。
 ところが爺さんは、
 「これ泥棒さん、お前もよくよくの事情があって他人の物を盗(ぬす)もうとしなさっているのだろうが、例えどんな事情があっても盗むことはよくない。これから心をいれかえて、まじめに働くのなら、これを持って帰りなさい」
 こういうて、泥棒の手にひもに通した穴開き銭(せん)の束を握(にぎ)らせて離してやったと。
 短いのとは、穴開き銭の短い束。長いのとは穴開き銭の長い束のことだったと。
 こんな話。
 泥棒に追い銭と笑うお人もおるがの、なんのそれで人間一人、生まれ変わることができたなら、たいしたもんじゃないか。

 むかしまっこう 猿まっこう。

短いのかね 長いのかね挿絵:かわさき えり

高知県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

十六人谷(じゅうろくにんだに)

十六人谷(じゅうろくにんだに)

むかし、越中、今の富山県の山奥の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂した。

この昔話を聴く

ドングリを噛んだ音(どんぐりをかんだおと)

ドングリを噛んだ音(どんぐりをかんだおと)

むかしあったと。あるところに正直爺と欲深爺が隣あって暮らしてあったと。あるとき、正直爺が山へ薪(たきぎ)を拾いに行った。たくさん拾って束(たば)ねて…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!