たいさくさんとおぶぎょうさま
『泰作さんとお奉行さま』

― 高知県 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし。
 四国(しこく)の土佐(とさ)、今の高知県(こうちけん)の中村(なかむら)に、泰作(たいさく)さんというとんちもんが住んでおった。
 泰作さんは、毎日、荷物(にもつ)をしょって山の村へ商(あきな)いに行った。ところが、道は狭(せま)いし、草がぼうぼう生えていて歩きにくい。なんとかならんかと思っていた泰作さん、ふと、いいことを考えついた。

泰作さんとお奉行さま挿絵:かわさき えり
 そして、町の人に、
 「山には仏法僧(ぶっぽうそう)というめずらしい鳥がおって“ブッポウソウ、ブッポウソウ”と、ええ声で鳴(な)きよる」
と言い歩いた。

 さあ、町中この噂(うわさ)でもちきりだ。とうとう御奉行(おぶぎょう)さまの耳にまで入った。中村の御奉行さまは、とっても物好きで、何かめずらしい物があると聞くと、どうでも自分の物にしなければ気が済(す)まん人だった。さっそく、
 「山へ仏法僧をつかまえに行く」
と言いだした。家来(けらい)はあわてて、
 「御奉行さま、お言葉ですが、山へ行く道は狭いし、草がぼうぼう生えているので、とうてい御奉行さまには歩けません」
と言うたが、御奉行さまは耳を貸(か)さん。

 「では、すぐに道を直せ」
こう、家来に言いつけた。
 町から山の村へ行く道の工事(こうじ)が始まって、しばらくすると広い立派(りっぱ)な道が出来上がった。家来は御奉行さまの所へ報告(ほうこく)に行った。
 「御奉行さま、山へ行く道がようやく出来上がりました」
 「よし、すぐにでかけよう」
 御奉行さまは沢山(たくさん)の家来をひきつれて、新しい道を山へ登って行った。しかし、山に行っても、クゥクゥクゥと山バトが鳴くばかりで、いくら捜(さが)しても仏法僧などおらん。

 御奉行さまはかんかんに怒(おこ)って、
 「仏法僧が山におると言いふらした者をつかまえてこい」
と、家来に命令(めいれい)した。やがて、この噂の元が泰作さんだとわかって、泰作さんは奉行所へつれて行かれた。
 取り調べが始まると、御奉行さまは顔を真赤(まっか)にして、
 「これ、泰作、よくもお前は、この奉行をだましたな。山には仏法僧などおらんではないか」
と、どなりつけた。そうしたら、泰作さん、平気な顔をして、
 「わしが山に行ったときには、まっこと、仏法僧がおりましたがのう。おおかた、道ぶしんの音にたまげて、仏法僧は山の奥(おく)へ逃(に)げてしもうただよ」
 さすがの御奉行さまも何も言えんかった。
 泰作さんのおかげで、立派な道が出来上がり、山の村の人達は、おおいに喜(よろこ)んだそうな。

泰作さんとお奉行さま挿絵:かわさき えり
 

 むかしまっこうたきまっこう、たきからこけて猿(さる)のつびゃぁぎんがり。

高知県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鬼打木の由来(おにうちぎのゆらい)

鬼打木の由来(おにうちぎのゆらい)

むかし、あるところに爺さんと娘とが暮らしていた。あるとき娘が畑仕事をしていると、そこへ鬼がやってきて、娘をさらって行ってしまった。爺さんは、くる日も…

この昔話を聴く

魚を盗んだキツネ神(さかなをぬすんだきつねがみ)

魚を盗んだキツネ神(さかなをぬすんだきつねがみ)

これは北海道日高(ひだか)地方のアイヌに伝わるお話昔、かあさんギツネが石狩の村の裏山に暮らしていた。かあさんギツネは子沢山(こだくさん)で、食べ物さ…

この昔話を聴く

現在585話掲載中!