ごくどううなぎ
『ごくどう鰻』

― 高知県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 若(わか)い頃(ころ)、おら毎日、鰻(うなぎ)を釣りに行きよった。川の堤防(ていぼう)の石垣(いしがき)に穴(あな)があったが、下から十三番目の穴だけは餌(えさ)を近づけたら『がぼっ』と取られてしまう。
 おら、腹(はら)が立つやら気味(きみ)が悪(わる)いやらで文次おじいに話したら、
 「やめちょけ、あれは極道鰻(ごくどううなぎ)じゃ」
と言う。

 
ごくどう鰻挿絵:かわさき えり


 「極道鰻は川をのぼってきて手頃(てごろ)な穴を見つけたら二度と出てこん。穴から首だけ出して餌がきたら食(く)うだけや。それも初(はじ)めの四、五年はまだ釣りようもあるが、そのうち体が穴いっぱいに大きゅうなり、出るにも出られんようになってくる。そんな鰻を釣ろうち言うたって、そりゃ無理(むり)ぜよ」
と言うが、そんなことでへこたれるおらじゃない。
 早速(さっそく)魚屋へ行ってゆで鮹(だこ)と鉤(かぎ)っこを買(か)い、物干(ものほ)し竿(ざお)にくくりつけて穴に近づけた。


 ほいたら、たちまち『ガボッ』と鉤っこはとられ、物干し竿も付(つ)け根(ね)から折(お)られてしもうた。これにゃあ驚(おどろ)いた。
 けんど、それ位のことでひっこむおらじゃない。もう一度魚屋へ行って鮹と鉤っこを買うて、孟宗竹(もうそうだけ)にくくりつけて穴へ持って行った。
 すると性懲(しょうこ)りもない奴(やつ)よ、『ガバッ』と食いついてきた。どっこい今度は食い逃(に)げはさせん。
 「うんし、うんし」
 引(ひ)っ張(ぱ)ったが出てこん。


 かれこれ一時間引っ張ってへこたれかけたとき、伝吾(でんご)と又吉(またきち)が来た。
 「おんしゃ、そこで何しよりゃ」
と聞くので、
 「おら、鰻を引っ張り出しよる」
 「やちもない。おんしゃ、カワウソに化(ば)かされちょるろうが」
と言うき、
 「ほんなら、おんしらあも引っ張って見よ」
言うたら、伝吾も又吉も孟宗竹の竿を引っ張てみて、
 「こりゃ、えらいことじゃ。三人じゃ引き出せんぞ」
と又吉が村へ走(はし)って帰って、十人ほど連(つ)れて来よった。


 そうして大けな綱(つな)を持って来て、
 「それひけ、よいしょ、それひけ、よいしょ」
と、力(ちから)を合わせて引っ張るうちに、さすがの極道鰻も、じわりじわりと出てきた。
 
ごくどう鰻挿絵:かわさき えり


 いや、その大きかったこと。口じゃ言えん。何せ、鰻を引き出したら、堤防の石垣がぐさっと崩れよったけんのう。
 
  むかしまっこう 猿(さる)まっこう
  猿のつびゃあ ぎんがり。

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

小刀と大蛇(しょうとうとだいじゃ)

小刀と大蛇(しょうとうとだいじゃ)

むかし、ある武士の屋敷にひとりの下男が奉公しちょったと。あるとき、この下男が刀鍛冶の家へ行って、「おらも武士の家へ奉公しちょるきに、刀の一本くらいは持っちょらにゃいかんと思う。すまんが一本作ってくれんか」とかけあった。

この昔話を聴く

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

むかし、ある所に大猫と小猫がおったそうな。ある日のこと、この二匹の猫が揃って歩いて行くと道端におむすびが二つ落ちていた。

この昔話を聴く

現在654話掲載中!