ごすんくぎ
『五寸釘』

― 熊本県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 この話は女子(おなご)と子供には聞かせたくないのじゃが、ことのなりゆきで・・・ま、たまにゃ、いいかの。
 昔、あるところに一人息子がおった。十八、九になったが、口数は少のうて、温和(おとな)しいかぎり。父さんも母さんも、
 「一人息子で可愛がり過ぎたのかねぇ。嫁御(よめご)貰(もら)う気もおこらんようだし。困ったもんね」
 「うーん。ずうたいばかり大きくてもまんだ子供なのかなぁ」
といいあっていたと。
 ある朝、父さんが便所に行ったら、横の柱の、ちょうど腰ぐらいのところに五寸釘が一本打ち込んであったと。父さん、母さんに、
 「あの釘はなんだ」
と聞いたら、 

 挿絵:かわさき えり
 「あら、父さんが打ち込んだものとばかり思うとった。違うんですか」
 「わしゃ知らん。すんなら息子が打ち込んだんだな」
 「でも、何の為に打ったんでしょう」
 「つかまる為でもなさそうだ」
 父さん母さん、何に使うかその場で見届けてやろうと思うて待っていたが、息子は親のいるときは便所へ行こうとせん。
 それで息子に聞いてみたと。
 

 「息子や、便所の柱のな、五寸釘打ったのは、お前だろ。あの釘な、なんに使うか、母さんには教えとらんが、父さん、気がついている。なんちゅうだらしないことか。元気盛(ざか)りのお前が、五寸釘に品物を乗せて小便するなんて、あまりにもなさけないぞ。父さんが若い頃は、そんな不調法(ぶちょうほう)はせんじゃったぞ」

挿絵:かわさき えり
 

 そしたら、息子は頭をかいて、
 「いや、その、違うんだ、父さん。その逆だ。俺のは、その・・・品物が毎朝あんまり勢いよう上を向いて、天井に小便かかるから、そのう、自分の手じゃ押し下げきれん。それであの釘の下に差し込み、押さえにしとる」
というた。そしたら父さん、
 「う、うーん、そうありたいもんじゃ」
と、こういうたと。

 そりばっかりのばくりゅうどん。 

熊本県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

十伝どんと日見の狐(じゅうでんどんとひみのきつね)

十伝どんと日見の狐(じゅうでんどんとひみのきつね)

むかし、長崎県の山田というところに、十伝どんという男がおったと。その頃、やっぱり長崎の日見の峠に、いたずらな狐が棲んでいて、ときどき人をだましていた…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!