きじもなかずば
『雉も啼かずば』

― 熊本県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な家があって、父さんと娘とが暮らしてあった。
 あるとき、村の普請(ふしん)があって、川の堤(つつみ)を築(きず)き直すことになったと。川の堤は大水(おおみず)が出る度に崩れ、田畑や家が水に浸(つ)かる。水がひいたらひいたで、今度は下痢(げり)を起こす病気が広がって被害甚大(ひがいじんだい)だったと。堤はなおしてもなおしても崩れたと。
 村の普請は村人総がかりの仕事だった。
 石を運ぶ者、土を積みあげる者、踏(ふ)み固める者、炊き出し(たきだし)をする者、皆して働いたと。

 昼どきになってひと休みしているとき、村長(むらおさ)が、誰に言うともなく、
 「いつもの、このやり方でええもんかのう。また崩れやせんかのう」
というた。すると、
 「他のどこやらでは、人柱をたてたという話を聞いたことがあるが」
と、いう者があった。するとまた他の者が、
 「わしも聞いたことがある。橋を架(か)けるとき橋下駄(はしげた)の下に人柱を埋(う)めると、その橋はどんな大水が出ても流されない。こんな話じゃった」
と、いうた。村長が、
 「かというても、ここでそれをやるというのはのう。第一、誰を人柱にするかが問題じゃろが」
というたら、
 「縦縞(たてじま)に横縞(よこじま)のつぎを当てている者を立てるっちゅうのはどうだ」
という者がいた。それが貧乏な家の父さんだったと。

 皆が父さんを見ると、父さんの着物がそうだったと。みんなの目があやしく光った。
 「な、な、なんだぁ。妙な目付きをするなや。ほんの軽口(かるぐち)だ。俺んところは縦縞に縦縞のつぎをあてることも出来ん貧乏所帯(びんぼうじょたい)なもんで、もしかして、選ばれるとなりゃ、俺みたいな者にお鉢(はち)が回ってくるのかなぁ、と思うて言ってみただけだ。軽口だや、軽口」
 あわてて言い訳をする父さんの物腰(ものごし)が、村長をはじめ、そこにいた者たちの秘めた心にきっかけをあたえたと。
 父さんは村人たちに、じりじりと詰(つ)め寄られ、つかまり、俵(たわら)に入れられたと。そして、とうとう堤に掘った穴に埋められたそうな。

雉も啼かずば挿絵:かわさき えり
 堤は出来上がり、それからは、どんな大水が出ても崩れないようになったと。
 しばらくたって、父さんの娘が嫁(とつ)いだと。

 ところが嫁ぎ先で娘は、「はい」と小声で返事はするものの、他のことは一言もしゃべらなかったと。 聟(むこ)どのは腹たてて、
 「こんな嫁はつまらん」
と言うて、里にかえすことにしたと。
 聟どのが娘を連れて送り返す途中の山道で、雉(きじ)が、ケンケンと啼(な)いた。すると猟師(りょうし)が鉄砲でズドンと撃(う)ち殺したそうな。
 娘はそれを見て、
 〽
 世間にはいうまいものぞ軽口は、
 雉も啼かずば撃たれまいものを

 と詠(うた)った。
 聟どのは、
 「お前話せるのか。そうかお前の父さんが軽口を言うたばかりに人柱に立たされた。それで物を言うまいと思うて、返事よりほかはせんじゃった。そうだな。そうとは知らず、いや、そうとは思いやらず、俺が馬鹿(ばか)じゃった」
と言うて、娘をまた家に連れ戻ったと。

 こいで しみゃー。

雉も啼かずば挿絵:かわさき えり

熊本県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

赤飯と子供(あかまんまとこども)

赤飯と子供(あかまんまとこども)

むがし、隣り合った二軒の家あったども。一軒の家は金持ちで、もう一軒の方はとっても貧乏だったなや。そえで、仲悪りぐて、いっつも喧嘩ばかりしてえだけど。

この昔話を聴く

往生の薬(おうじょうのくすり)

往生の薬(おうじょうのくすり)

むかし、むかし、あるところに姑(しゅうとめ)と嫁(よめ)とが一緒に暮らしていたそうな。姑と嫁はたいそう仲が悪かったと。姑は嫁のやることなすことすべて…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!