ほとけもりんきにゃかてん
『仏も悋気にゃ勝てん』

― 熊本県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに欲深(よくふか)でそのうえ嫉妬(しっと)深い婆(ばあ)さんがおったと。
 村の人達はみんな仏(ほとけ)さんを拝(おが)んでいたが、この婆さんだけは信心(しんじん)のしの字もなかったと。
 村の者(もん)がかわるがわる仏の道を説(と)いても、
 「なに空(そら)ごと言うか。仏さんが飯(めし)食わしてくれるか」
ちゅうあんばいで、とんと耳をかさん。

仏も悋気にゃ勝てん挿絵:かわさき えり
 
 あるとき、婆さんのご亭主(ごていしゅ)どんが病気になった。小知恵(こぢえ)の効(き)く者が、このときとばかりに婆さんを口説(くど)いたと。
 「仏さんにすがんなさい。爺(じい)さんを助けたいと思うんなら、これに勝(まさ)る薬(くすり)はねえ」
 返ってきた言葉が一言(ひとこと)、
 「ふん」

 そうこうするうち、ご亭主の爺さん、死んでしもうた。
 なんぼ信心のない婆さんでも、七日(なぬか)、七日のおつとめだけはしておったと。
 小知恵の効く者が知恵をしぼって、また口説きに行った。
 「婆さん、あんたに話をしたもんかどうか迷(まよ)っとるんじゃが」
 「なんじゃ」
 「うん、私しゃ、このごろ毎晩(まいばん)のように見る夢があるんじゃ。ここの爺さんな、まあだ三途(さんず)の川を超(こ)えとらっさん」
 「そりゃ、どうしてだ」
 「それがあんた、爺さんが『うちん婆さんにゃ、言うてくれるな』ちゅうて、言うとるもんで、どうしようか思うてなあ」
と、思わせぶりに言うたら、婆さん目をむいて、
 「なに、口止めされただと。何があるんじゃ、早よ言え」
と、話に乗(の)ってきた。

 「やっぱりあんたに言わんわけにゃあ、いかんかなあ。あんな、三途の川のこっち岸(ぎし)に茶小屋(ちゃごや)があってなあ……そこの手伝(てつだ)いをしよるって言うとった」
 「何で茶屋の手伝いをしとるんじゃろ」
 「それが、妙(みょう)なこと言うたな。何でも、茶小屋に婆さんが一人おって、婆さん言うても、まあだ五十そこそこのいい女ごで」
 ここまで聞いた婆さん、
 「あん糞(くそ)爺いが。生きとるときから浮気(うわき)しとる風だったが、死んでもあの世へ行く工面(くめん)もせんで、三途の川の女ごと惚(ほ)れごとしてけつかるか。おれが毎日線香(せんこう)絶(た)やさずおつとめしとるというのに、えー糞っ。おれが行ける所なら、行って掴(つか)み殺してやるんだが。えー糞。いまいましい」
ちゅうて、えらい剣幕(けんまく)だ。

 小知恵の効く者は、ここぞとばかり、
 「まあなんだ、婆さんが怒(おこ)るのも無理ないわな。けど、ええ思案(しあん)があるぞ。
 あんたが寺に詣(もう)て拝(おが)むんじゃ。そうしたら爺さん、三途の川の茶小屋におろうとしてもおられん。おられるもんじゃねえ。
 えらい腹が立つなら信心を始めにゃ。そうして爺さんをあの世へ追いやんなさい。このままじゃ爺さん浮(う)かばれん。爺さん、浮かばれんとは知らずに喜んどらす。おれも夢見(ゆめみ)が悪い。どうじゃろな婆さん、ここは仏さんにすがってみては」
と、すすめた。
 そしたら婆さん、
 「仏さんどころでないわ」
と、こう言うたと。

  そるばっかい。

仏も悋気にゃ勝てん挿絵:かわさき えり

熊本県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山の一軒家(やまのいっけんや)

山の一軒家(やまのいっけんや)

むかし、あるところに炭焼きの若い衆(し)が二人で、春炭(はるすみ)を焼きに山へ行ったと。ところが、どこでどう道を迷うたのか、行けども行けども炭焼かま…

この昔話を聴く

ヤマワロの話(やまわろのはなし)

ヤマワロの話(やまわろのはなし)

河童(かっぱ)。夏の間、水の中でいろいろ悪さをするアレですがの。熊本のここあたりではガワッパと言う。ガワッパは、夏が終って山に入ると呼び名が変わって…

この昔話を聴く

現在589話掲載中!