ほとけさまにしつれい
『仏様に失礼』

― 熊本県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある寺にとんち名人(めいじん)の一休さんという小僧(こぞう)さんがおった。
 この一休さんには、物識(ものし)り和尚(おしょう)さんもたじたじさせられておったと。
 「一遍(いっぺん)でもええから、一休をへこませてやりたいもんじゃ」
 つねづねそう思っていた和尚さん、ある晩(ばん)いい考(かんが)えが浮(う)かんだ。


 「ちょっと子供(こども)じみているが、なに、かまうもんか」
 そこで一休さんを呼(よ)びつけ、
 「これ一休や、わしはうっかりして本堂(ほんどう)のローソクを消(け)すのを忘(わす)れてしもうた。火を出しては仏様(ほとけさま)に申(もう)し訳(わけ)たたん。すまんが消してきておくれ」
と、頼(たの)んだと。一休さん、
 「はい」
と、元気(げんき)よく返事(へんじ)して大急(おおいそ)ぎで本堂へ行った。


 ところが、その日に限(かぎ)ってローソクの台(だい)が高(たこ)うなっていて、手が届(とど)かん。経台(きょうだい)に乗ってはバチがあたるし、他(ほか)にええ方法(ほうほう)も思いつかん。さすがに困(こま)ってしもうて、しょうがないから飛び上がって息(いき)で吹(ふ)き消したそうな。
仏様に失礼挿絵:かわさき えり


 部屋(へや)へ戻って来た一休さんを見て、和尚さんは、
 「おおご苦労(くろう)じゃったな。じゃが、あんな高い所(ところ)の火をどうやって消したんかのう」
と訊くと、一休さん、
 「はい、飛び上がって吹き消しました」
と答(こた)えよった。これこそ、和尚さんが予想(よそう)した返事だ。心の中でニヤリとした。
 「この馬鹿者(ばかもん)!仏様に息を吹きかけるとは失礼(しつれい)な。もう二度(にど)とするでないぞ」
 初めて一休さんを叱(しか)った和尚さん、してやったりと得意顔(とくいがお)だったと。


 さて次の日。
 本堂でお経(きょう)をあげていると、なんとのう後ろの様子(ようす)が変(へん)だ。ふいっと振(ふ)り返ってみると、なんと、一休さんがお尻(しり)を向けて座(すわ)っておる。


仏様に失礼挿絵:かわさき えり

 
 「いくらとんち上手(じょうず)でも子供じゃのう。昨日叱られたもんで、すねとるわいな。小僧というのは、ときどきこうでなくてはつまらん。よしよし、今日も朝から一休を叱ることが出来るわい」
 和尚さん、一人合点(がってん)して、おもおもしく、
 「これ一休、お経をあげるときは仏様の方を向かんか。行儀(ぎょうぎ)が悪いぞ」
と叱りつけたと。そしたら一休さん、しれっとした顔で、こう言うた。
 「和尚さま、仏様の方を向いてお経をあげては息がかかります。それでは仏様に失礼になりまする」
 いやはや和尚さん、また一本取られてしもうたと。

  そればっかりの ばくりゅうどん。

熊本県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

米良の上漆(めらのじょううるし)

米良の上漆(めらのじょううるし)

むかし、日向(ひゅうが)の国(くに)、今の宮崎県の米良(めら)の山里に、二人の兄弟がおったそうな。二人は米良の山奥に分(わ)け入(い)って、漆(うる…

この昔話を聴く

天人女房(てんにんにょうぼう)

天人女房(てんにんにょうぼう)

むかし、あるところに長兵衛という千刈百姓(せんかりひゃくしょう)がおったと。長兵衛は芥子(けし)を作るのが上手で、前の千刈畑はみんな芥子ばかりであっ…

この昔話を聴く

現在671話掲載中!