はしだてこじょろう
『橋立小女郎』

― 京都府 ―
再話 六渡 邦昭
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、丹後(たんご)の国、今の京都府宮津(きょうとふみやづ)の天橋立(あまのはしだて)に「橋立小女郎(はしだてこじょろう)」と呼ばれる白狐(しろぎつね)がおったと。
 この白狐はいつもきれいな女に化けて人間をだましていたので、こんな名前がついたのだと。 

橋立小女郎挿絵:かわさき えり
 ある日のこと、江尻村(えじりむら)の大平(たいへい)と源十(げんじゅう)という漁師が魚を舟に積んで、宮津の港へと向かっていたんだと。
 
※江尻村・・・現在の京都府宮津市江尻

 舟が橋立の千貫松(せんかんまつ)あたりにさしかかったとき、可愛い女の声が二人に聞えた。
 「もし、そこのおふたり、私は旅の娘でございます。どうか宮津まで乗せて行って下され」
 大平も源十も、そんな声を無視して舟をこいでいると、また声がした。
 「どうかお願いです。乗せて下され。私はとても疲れて、もう歩けません」
 あまりにも哀(かな)しそうな声に源十は仕方なく舟を止めて女を乗せてやろうとしたが、陸(おか)にはその姿が見えん。
 「ああ、さては橋立小女郎のしわざか」
 源十は、いまいましく思うて、また舟を出したと。

 宮津の港へついた二人が舟底を見ると、運んで来たはずの立派な大鯛(おおだい)が無くなっていた。
 「変だな」
と、よくよく舟底の隅をのぞくと、一匹の白狐がいた。
 「やっぱり、こやつのしわざか」
 源十と大平がカンカンに怒って白狐を捕(とら)えようとしたら、白狐は可愛い小女郎に姿を変えて、
 「漁師さん、もう二度と悪いことはしませんから、どうか許して下さい」
と、哀(あわ)れな声で言う。
 源十と大平は、とりあえず小女郎が大鯛を返すまで捕えておくことにし、縄でしばって舟底に転がしておいたと。

 すると小女郎は、いよいよ悲しそうな声で、
 「縄が体にくいこんで痛くてたまりません。どうか、この縄をほどいて下さい」
と言う。
 普段、気の荒い漁師でも、狐とわかっていながら娘の姿をしてこんな悲しい声で言われたら、どうにも落ち着かん。縄をほどいて、今度は漁籠(ぎょろう)に入れてフタをし、舟を動かそうとしたと。ところが不思議、舟がピクリとも進まん。
 「さては、これも橋立小女郎のせいか。よし、今に見ておれ」
 怒った源十と大平は、陸に上がると落葉だの枯れ葉だの集めて火を燃やし、漁籠の中から小女郎の白い二本の手をひっぱり出して火に炙(あぶ)った。真っ白い小女郎の手足は黒こげになった。
 二人は黒こげの小女郎を籠につめて村に帰った。そして村人の前で籠のフタを開けて、
 「みんな、これが橋立小女郎の丸焼きなった姿じゃ」
と、自慢したと。

 ところが、籠の中から出て来たのは、黒こげになった二本の大根だったと。

  けっちりこ。
橋立小女郎挿絵:かわさき えり

京都府
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山梨の怪(やまなしのかい)

山梨の怪(やまなしのかい)

むかし、父さと嬶(かか)さと子がおった、嬶さの腹には、また子が出来ていたと。子を孕(はら)むと、口(くち)が変るって、嬶さ急に山梨(やまなし)が食い…

この昔話を聴く

七夕女房(たなばたにょうぼう)

七夕女房(たなばたにょうぼう)

むかし、ある村にひとりの狩人(かりゅうど)が住んでいたそうな。七月のある暑い日に、川のそばを通りかかると、三人の若い娘が水浴びをしていたと。「はて、…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!