おおかみとうさぎ
『狼と兎』

― 京都府 ―
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに狼(おおかみ)と兎(うさぎ)がおったと。
 ある日のこと、狼と兎が山道でバッタリ出会うた。狼は兎がびっくりしているのを見て、いいことを思いついた。
 「兎どん、川向(む)こうの原っぱに遊(あそ)びに行かんか」
 「おらは水が苦手(にがて)だから川は渡(わた)れん。こっちの原っぱで遊ぶから、狼どんだけ行ってくれ」
 「なあに、橋(はし)を渡ればいいさ。さ、行こ」

 「んでも・・・・・・」
 「んでもなんだ。あ、そうか、おれと行くのが嫌(いや)なんだ」
 兎はしかたなく狼について行った。行くが行くが行くと、川には橋がない。狼は、
 「よっし、ここはおれが何とかしよう」
と言うて、どこからか木をかついできて、向こう岸(ぎし)に渡した。
 「これでよし。兎どん、橋架(か)けたから、お前先に渡れ。おれ、おさえとくから」
 兎は<狼どんは、あんがい優しいんだな>と思うて、橋を渡りはじめた。

 そろり、そろり歩いて半(なか)ばまで渡ったら、ボスッと橋が折(お)れた。兎は川の流れにドボンと落ち、トンプカ、トンプカ川下(かわしも)へ流れて行った。狼は、
 「やあい、ざまあみろ。腐(くさ)れ木に乗れば折れるわい」
と、あざ笑って帰って行った。
 
狼と兎挿絵:かわさき えり

 次の朝、狼がガーガーいびきをかいて寝ていると、外から、
 「狼どん、狼どん」
と呼ぶ声がした。狼は、
 「こんな朝っぱらから、いったい誰だ」
言うて出てみると、兎が立っておった。狼はいっぺんに目が覚めた。
 「ウ、兎どん。お前、川に流れて行ったんじゃあないのか」
 兎はニコニコしながら、
 「ああ、そうだ。狼どんが川へ落としてくれたおかげで、おらは、いっぺえ楽しいことがあった」
と言うた。
 「楽しいことって、何だ」
 「川から流されてな、海に行ったわけだ。そしたら竜宮(りゅうぐう)へ案内されてな、竜宮の乙姫(おとひめ)さんから、いっぺえご馳走(ちそう)になった。腹がパンパンにふくれると、今度ぁ魚たちの踊(おど)りだ。これが美しいのなんの。まあ、極楽(ごくらく)だったなあ。まだまだあるぞ。帰りにはお土産(みやげ)をいっぺえ貰(もろ)うて来た。ほんによいところだった、竜宮は」

 兎がこう言うと、狼は口から涎(よだれ)を垂(た)らして、聴(き)いていたが、
 「兎どん、おれも、その竜宮へ行ってみたいなあ」
と言うた。それで、狼と兎は連れだって、また、川へ行ったと。川に着くと兎が、
 「そのまま川へ入ると濡(ぬ)れるから、この麻袋(あさぶくろ)ン中に入るといい。そうすれば竜宮へ行っても、ちっとも濡れんですむから」
と言うた。
 狼は、川岸で麻袋に入ると、兎に川へ蹴落としてくれと言うた。狼は袋詰(ふくろづ)めになってトンプカ、トンプカ川下へ流れて行った。それを見た兎は、
 「やあい、ざまあみろ、麻袋は破(やぶ)れんぞ」
と、大声であざ笑ってやったと。
 ン、狼か、袋の口が閉(と)じられているもんな、出られんじゃろうな。

  これでむかしのたねくさり。

狼と兎挿絵:かわさき えり

京都府
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

こんにゃくの貰い風呂(こんにゃくのもらいぶろ)

こんにゃくの貰い風呂(こんにゃくのもらいぶろ)

むかし、山の中に古寺(ふるでら)があって、和尚さんがたった一人で住んでおった。ある夜、表の戸がトントンと叩かれるので、和尚さんが出てみると、一人の旅…

この昔話を聴く

河童の雨乞い(かっぱのあまごい)

河童の雨乞い(かっぱのあまごい)

昔、ある村を流れる川に河童が住んでいたと。河童は子供や馬を川の中へ引きこんだり、畑を荒らしまわったり、悪さばかりしておった。ある日の夕方、村の和尚さ…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!