えんぎかつぎ
『縁起担ぎ』

― 京都府 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに大層縁起(えんぎ)かつぎの長者(ちょうじゃ)がおったと。

 ある年の正月、村の和尚さんが正月膳(しょうがつぜん)に招(よ)ばれて長者の家に行ったと。
 たくさんのご馳走(ちそう)だ。和尚さんはあれも食べこれも食べして大いに満腹したと。
 
 お茶になって、女子衆(おなごし)が土瓶(どびん)を持って来た。

縁起担ぎ挿絵:かわさき えり
 つごうとしたはずみに土瓶を箱火鉢(はこひばち)にぶち当てて、パカーンと割れたと。
 そしたら長者が、正月早々ものをこわすとは縁起が悪い、とカンカンにその女子衆を怒った。



 
 和尚さん、まあまあ、ととりなして、
 「ものは考えようじゃて。ひとつ詠みなんぞをごひろうして縁起をかえてみようほどに」
というて一句、
 「どんとひんとをぶち割って、お手に残るは金のつるなり」
と、詠んだ。
 そしたら長者は、ハタとひざを打ち、
 「金(かな)づるが残ったとは、こりゃ縁起がよい」
と喜んだと。

 端(はた)で土瓶のつるを持って縮(ちぢ)こまっていた女子衆、手をついて和尚さんにお礼をいうたと。
 ところへ今度は別の女子衆が雑巾(ぞうきん)を何枚も持ってきて、あちらこちらにこぼれたお茶をサッサ、サッサと拭(ふ)いたと。
 


 さあ、今喜んだ長者の顔が変わった。色をなして怒った。
 「この正月のめでたいときに、座敷を雑巾なんぞで汚(けが)すとはなにごとだ。掃(は)く拭くは『福を掃き出す、拭きとる』いうて、正月にはせんもんぞ。縁起が悪い。このたわけ」
と、カンカンだ。女子衆はおろおろしてる。
 
 それを見た和尚さん、
 「いやいや、それは怒るようなことではない。むしろ、めでたいことだ」
というて、にこにこしてる。長者がけげんな顔で、
 「何でですか。昔から正月は掃除はせんでしょうが」
というと、
「そんなら、こんな歌はどうですかな。
 ゾウキンと いう字は当て字で 蔵と金 あちら福々 こちら福々」
と詠んだ。

 
 長者、
 「なるほど、これはおそれいりました。正月早々から、あちら福々 こちら福々。福がいっぱいですか。いや、結構、結構」
と、前にも増して大喜びしたと。

 女子衆たちは、皆々先を争うて和尚さんに般若湯(はんにゃとう)をついだと。
 縁起かつぎのこうしゃくなんちゅうても、こんなもんよ。
 
 むかしのたねくさり。

縁起担ぎ挿絵:かわさき えり

京都府
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

冥土からのことづて(めいどからのことづて)

冥土からのことづて(めいどからのことづて)

むかし、阿波の国は美馬郡郡里村、今の徳島県美馬郡美馬町に爺(じ)さと婆(ば)さが暮らしておったと。 ある夏の夕暮れどき、爺さは風呂に入ったと。「ああ、ええ湯じゃった」と言うて風呂からあがって、たまげた。なんと…

この昔話を聴く

笠地蔵(かさじぞう)

笠地蔵(かさじぞう)

むかし、あるところに貧乏な爺さと婆さがいてあったと。年越しの前の日に爺さは、山から松の枝を取ってきて

この昔話を聴く

現在680話掲載中!