ばくちうちとてんぐ
『ばくち打ちと天狗』

― 三重県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔あった話やんけ、あるところにの、一人息子でばくち好きな男がおったんて。
 おやじからもろた銭もみなばくちに取られてしもて、一文無しになってよ、ふてくされて山ん中で昼寝しとったんやな。
 ふと目ぇ覚ましてふところからサイコロふたつ出して、
 「丁(ちょう)見たか半(はん)見たか」
と、転がしてばくちの真似(まね)しとったやんけ。


その様子を、天狗が高い松の木のてっぺんから見下ろしとっての、
 「あやつ妙なことを言いよったな。京(きょう)見たか阪(はん)見たかぬかしよったが、あんな小さい四角なもんで、京や大阪(おおさか)が見えるんかいな」

と天狗はつぶやいての、天狗はサイコロ初めて見たんで何も知らざったんや。
 
 三重の民話【ばくち打ちと天狗】挿絵1挿絵:かわさき えり
 


 スルスルッと木から降りてきて、
 「やい小僧、おめぇ、京見たか大阪見たかって生意気こいたが、そんな小(ち)っぽけなもんで、よう見えるんかい。おれにもちょっくら貸せやい」
 ちゅうたと。天狗は、もうサイコロが欲しゅうて、欲しゅうて、のどから手が出るほど欲しがったげな。 
 そこで、自分の大事な道具と取り替えてくれと、もちかけたっちゅうこっちゃ。
 ばくち打ちの男は、さんざんサイコロを見せびらかして、
 「天狗さんの道具ちゅうのは、どんなもんかい。品物をよう見た上での話にしょまいけ」
 ちゅと、天狗は、羽うちわと、隠れみのと、飛び羽(ばね)と、三つの宝物を惜しげもなく差し出して、いろいろ使い方を教えたげな。


 ばくち打ちの男は、もう天下取ったような大喜びして、家へ持って帰ったげな。
 へて、ひとつ使(つこ)うてためしてみよ思うて、飛び羽でパッと飛び上がると、アッという間に、もう大阪のど真ん中に着いたげな。
 
三重の民話【ばくち打ちと天狗】挿絵2挿絵:かわさき えり


 ちょうど大阪の大分限者(おおぶげんしゃ)の鴻(こう)の池(いけ)の一人娘が、文金高島田(ぶんきんたかしまだ)に髪結(ゆ)うて振袖を着ての、化粧しとるところへ行き合わした。
 「こうりゃ面白い、あれにいたずらしちゃろ」
 って、隠れみので姿見えんように忍び込んで、羽うちわであおいだげな。すると、
 「ありゃありゃ、花嫁さんの鼻が天狗さんのように伸びたわ」
ちゅうて、鴻池の人達が大騒ぎするので、また反対にあおぐと、今度は元のように鼻が低うに治(おさ)まったげな。


 ばくち打ちの男は、こいつぁ面白いわい、と悦に入って、熊野の権現(ごんげん)さんの山のてっぺんに飛んで、自分の鼻をあおぎまくると、伸びるは伸びるは、鼻がズンズン伸びてって、東海道を通り抜けて、江戸の浅草まで伸びたちゅうぞ。
 江戸では、日本一の高い鼻と言うことで、浅草の盛り場で見せ物にしたげな。
 見物人が江戸中から押しかけて、ばくち打ちの男は大もうけしたげな。
 それから、”花(鼻)のお江戸”ちゅうことになったと言うわい。

 どっとはらい。
 
  

三重県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

米良の上漆(めらのじょううるし)

米良の上漆(めらのじょううるし)

むかし、日向(ひゅうが)の国(くに)、今の宮崎県の米良(めら)の山里に、二人の兄弟がおったそうな。二人は米良の山奥に分(わ)け入(い)って、漆(うる…

この昔話を聴く

宝来る水(たからくるみず)

宝来る水(たからくるみず)

むかし、あるところに大層(たいそう)な分限者(ぶげんしゃ)がおったと。大歳の晩に作男(さくおとこ)を呼んで、「明日は正月じゃけえ、早起きして若水(わ…

この昔話を聴く

現在667話掲載中!