たろうのよこぶえ
『太郎の横笛』

― 三重県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 ずっと昔、父(とと)さんと母(かか)さんと赤ン坊の太郎が暮らしておったんやて。
 父(とと)さんは横笛づくりでは二人とない名人じゃったが、気が向かないと、ちょっとも仕事をしよらんお人で、暮らし向きは良うなかったんやて。
 したが、母さんは愚痴ひとつこぼさん優しいお人で、太郎は錦にくるまれるように育ったんやて。
 この母さんが、太郎が二才の時、急の病(やまい)でぽっくり亡くなってしもうたんやて。
 「幼児を抱えてじゃあ、この先、お前さんにも赤児にも良くない」 と、世話してくれる人がいて、父さんに後添(のちぞ)えが来たんやて。そうして、次郎と三郎が生まれた。 

 それから十二、三年も経ったろか、太郎は死んだ母親にますます似て来て、心が優しゅうて、かわいらしかったけど、身体が細うて弱々しかったげな。
 後添えの母さんは気の強い女子(おなご)で、むごいことを平気でする質(たち)だった。暮らしが相変らず良うのうて、一人でも口減(くちべ)らししたくって、万事、継子の太郎につらくあたるんやて。
 次郎と三郎も継母に似て、頑丈で気が強い性(しょう)じゃったんやして、二人がかりで、いつも太郎をいじめてばかりおったんやて。 

 太郎はつらいことがあると、夕暮れ頃、家をソッと抜け出して裏山へ行くんやて。そこには死んだ母さんのお墓があった。
 お墓の横に大きな松の木が一本あって、上の方に、横に延びた枝の股があって、太郎はこの枝の股に腰掛けて、横笛を吹くのが好きじゃった。
 太郎がいつも腰に差している横笛は、死んだ母さんの大事にしとった形見の品じゃった。父さんが母さんと世帯を持って最初にこしらえた笛じゃった。

挿絵:かわさき えり

 まっ赤に沈む夕陽に照らされながら、鳥たちが塒(ねぐら)に帰っていくのをながめ、
 「おらも鳥になりてえ。鳥になって、夕陽の向こうの母さんのところへ行きてえ」
と、気持を込めて吹くと、哀しく、優しく、なんとも言えん澄んだ音色がしたんやて。
 村のすみずみまでいきわたり、村人は、
 「ああ、今日も太郎の笛が聞こえる」
と、耳をすますのやて。そして、誰しもが自分の母さんを思い出さずにはおられんのやて。
 そんな不思議な横笛じゃったから、その横笛を欲しいという人が大勢あった。 

 次郎と三郎が相談して、高う売ろうと、太郎が眠っているときにその横笛を盗(と)ったんやて。
 「俺らが売る」「いや俺らが」って、奪い合いしたもんで、横笛が、真ん中からポキッと折れたと。
 笛の中から、丸めた紙が出て来たんやて。広げてみると、太郎の死んだ母さんの似顔絵じゃった。継母のおらんとき、父さんに無理にせがんで画いてもらったものだった。
 笛を吹くときは取り出してながめ、吹き終えると、また、笛の中に丸めて差し込み、かくしておいたんやて。
 太郎は笛を折られたんで、それからは、母さんの似顔絵ばかりながめとった。
 何も食べんようになって、やせ衰えて、とうとう死んでしもうたんやて。
 継母も次郎も三郎も、はじめて、
 「悪かった、悪かった」
と、泣いて悔いたんやて。 太郎の亡きがらは、太郎がいつも笛を吹いていた松のとなりの母さんの墓に、似顔絵と父さんが元のように接(つ)いだ横笛を添えて、一緒に埋めたんやて。
 

 村の人々は、太郎が母さんと一緒なので、もう笛を吹かなくてもよくなったと言っとったんやて。
 笛の音は聞こえなくなったが、こんな話が残った。

挿絵:かわさき えり

 
 

三重県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

三つ目小僧(みつめこぞう)

三つ目小僧(みつめこぞう)

昔、大阪の町に、ひょんな見世物(みせもの)を見せて歩く親方がいよったと。ろくろ首の女とか、腰(こし)から下が魚の人形など、いいかげんにこしらえて本物…

この昔話を聴く

蛇の目玉(へびのめだま)

蛇の目玉(へびのめだま)

むかし、あるところに貧(まず)しい木樵り(きこり)がおったと。あるとき木樵りが山へ入るとどこからか女のうめき声が聞こえてきた。声のする方に近づいてみ…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!