りょうたのちえ
『良太の智恵』

― 宮城県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐々木 徳夫
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに良太(りょうた)というおもしろい子供がおったと。
 ある日えんがわで遊んでいた良太に、おとっつぁんが、
 「これ、良太。おてんとう様と江戸(えど)とどっちが近いと思う」
と聞いたそうな。そしたら良太は首を曲げて思案(しあん)してから、
 「おてんとう様の方がよっぽど近い。だっておてんとう様はここから見えるけど、江戸はさっぱり見えないもの」

良太の智恵挿絵:かわさき えり
 と言うた。おとっつぁんはすっかり感心(かんしん)してしまったと。

 それから何日かして、江戸からお客(きゃく)さんが来たそうな。おとっつぁんはお客さんにさっそく、良太の利口(りこう)なところを見せようと思って、
 「良太や、おてんとう様と江戸とどっちが近いと思う」
とまた聞いたんだと。そしたら良太は、お客さんとおとっつぁんの顔を見て、首を曲げて思案してから、
 「江戸の方がずっと近いよ」
と答えたと。
 すっかりあてがはずれてしまったおとっつぁんは、妙な顔をして、
 「どうして江戸の方が近いって言うのや。おめえ、この間はおてんとう様の方が近いって言ったでねぇか」
と言ったそうな。そしたら良太、
 「そんな事言ったって、おとっつぁん、江戸からはこうしてお客さんが見えるけど、おてんとう様からはまだ一ぺんも見えた事がないもの」
と、こう言うたと。

良太の智恵挿絵:かわさき えり
 こんでおしめい、ちゃんちゃん。

宮城県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

またぎの犬(またぎのえんこ)

またぎの犬(またぎのえんこ)

昔、あったずおん。またぎ、白犬(しろえんこ)連れで山さ行ったど。えんこてば犬のこんだ。ずっと山奥さ入って行ったども、なんも獲物(えもの)無(ね)ぐて、山の中で暗ぐなってしまったど。

この昔話を聴く

狸の鼻むし(たぬきのはなむし)

狸の鼻むし(たぬきのはなむし)

あれは、昭和のはじめころじゃったと思います。ある晩(ばん)、ひょっと目が覚(さ)めてみると、急に体を押(お)さえつけられて動けんようになりました。

この昔話を聴く

現在614話掲載中!