みなきゃよかった きかなきゃよかった
『見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった』

― 宮城県 ―
話者 佐藤 義子
採集・再話 佐々木 徳夫
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがすあったずもな。
 あるどごに旅人(たびびと)がいて、歩いでいだら日が暮れだ。
 「野宿はしたくねぇし、今夜一晩(ひとばん)泊めて呉(け)るどご無(ね)がなぁ」
っで言って、なおも歩いでいだら、うまいごどに一軒家(いっけんや)があったど。
 「旅の者だが、何とか一晩泊めてもらえねべが」
っで言っだら、お婆(ば)ンつぁんが孫を抱いて出て来て、
 「この通りのあばら家(や)でもよがったら、お泊まんなえん」

っで言って、旅人んこと、囲炉裏端(いろりばた)さ招(しょう)じ入れたど。お婆ンつぁんは、
 「ちょうど雑炊(ぞうすい)を作ってだがら、熱(あっつ)いどごあげっから」
っで言って、孫を膝さ抱き上げて、シャクシで雑炊をかき混ぜたど。
 旅人は火に手をかざしてあたりながら、今できるか、今できるかと待っていたど。
 お婆ンつぁんの膝の上の孫、顔赤らめて息んだったが、そのうち孫の裾(すそ)から、かたいナニがコロコロ転がって、鍋の中さポチャンと入ったど。気がつかねえお婆ンつぁん、シャクシでガラガラかき混ぜたど。
見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった挿絵:かわさき えり
 

 旅人は腹の虫がグーグー鳴っても、とっても食う気がしなかったど。
 お婆ンつぁん、欠けた椀にその雑炊山盛りにして、
 「さぁさ、どうぞおあがんなえん」
っで言っだ。
 「あいや、あ、痛ダ、イダダァ。急に腹が差し込んで、あ、痛ダ。せっかくだども、今夜は食わねほうがいいど思うがら、お湯コだけいただきます」
 旅人は、なんとか雑炊をまぬがれて、煎餅蒲団(せんべいぶとん)かりて寝たど。んだども、腹の虫がグーグー騒(さわ)いで収まんね。厠(かわや)さ起きる振りして、そうっと台所さ行って戸棚(とだな)の中を探したら、小皿に茄子(なす)がひとつあったど。ホヤーと温(ぬ)くかったんで、煮付の残りかと思って、一口に食ってしまっだど。
 次の朝ま、お婆ンつぁんが台所で、
 「小皿さ置いでだ茄子が見えなくなったや。どごさ行ったべ。ありゃぁ温めて痔(じ)をあっためる茄子なのに」
っで言ってるのを旅人が聞いだ。
 旅人は気持ち悪くなったげんども、腹の底さ入ってしまって、何どもしょうがなかったど。

見なきゃ良かった 聞かなきゃ良かった挿絵:かわさき えり
こんで、えんつこもんつこ、さげた。

宮城県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

田根森根っこ(たねもりねっこ)

田根森根っこ(たねもりねっこ)

昔、昔。田根森の人達、薪(たきぎ)が少なくて、大した難儀(なんぎ)してだけど。ある冬の寒い日、この田根森さ、みすぼらしい一人の坊主、お貰(もら)いに…

この昔話を聴く

谷峠の猫又(たにとうげのねこまた)

谷峠の猫又(たにとうげのねこまた)

昔、あったそうじゃ。谷峠に人をとって食ってしまう、大変に恐い猫又が棲(す)んでいたと。強い侍(さむらい)が幾人(いくにん)も来て、弓矢を射かけるのだが、どれもチンチンはねて、当てることが出来なかった。

この昔話を聴く

現在622話掲載中!