いぬのめ
『犬の眼』

― 宮城県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに一人の男があった。
 男は眼(め)の病気になったと。
 痒(かゆ)くなり、痛(いた)くなり、かすんできて、だんだん見えなくなった。
 眼医者(めいしゃ)へ行って、診(み)てもらったら、
 「これは、眼ん玉はずして、よっく手入れをせなんだら、この先もたんな」
と言われた。
 「眼ん玉をはずすだと、とんでもねえ」
 男が怖気(おじけ)づいて眼をむいたら、すかさず眼医者が、男のおでこを小槌(こづち)でトンと叩(たた)いた。眼ん玉が飛び出たと。そこを匙(さじ)でくり抜(ぬ)いた。

犬の眼挿絵:かわさき えり
 「ほうら抜けた。お前はしばらくそこで寝とれ」
 こう言うと眼医者は、塩水やら何たら薬やらで手入れして、眼ん玉を日向(ひなた)に干(ほ)したと。

 ところが、干し過ぎて眼ん玉が縮(ちぢ)んで小さくなってしまった。
 「ありゃ、こりゃ、いかんわい」
 眼医者はその眼ん玉を、今度は水に浸(ひた)して置いたと。
 ところが、浸し過ぎて眼ん玉がふやけて大きくなってしまった。
 「ありゃ、こりゃ、いかんわい」
 眼医者は、その眼ん玉を再度(ふたたび)日向に干したと。
 ところが、犬が来て、その眼ん玉を食うてしまった。
 「ありゃ、こりゃ、いかんわい」

 困った眼医者は、
 「この犬の眼ん玉くり抜いて、あの男に入れてやろ。なに、眼にはかわりない」
と言いながら、犬の眼を見たら、犬は怖気づいて眼をむいた。すかさず眼医者が、犬のおでこを小槌でトンと叩いた。眼ん玉が飛び出たと。そこを匙でくり抜いた。
 その犬の眼ん玉を男に入れてやったと。
 「どうじゃ、見えるか」
 「へえ、おかげさんで足元(あしもと)がよおっく」
 男は喜(よろこ)んで帰って行ったと。

 ところが、それからというもの、男は糞(くそ)を見るとむしょうに食いたくなる。困って、また眼医者に行き、話をしたと。眼医者は、こりゃ、犬の眼のせいに違いない、と思うたが、
 「なに、直(じき)に治(なお)る。理由(わけ)は分かってる」
と、男を安心させた。
 早速(さっそく)男から眼ん玉をくり抜いて、手入れをし、また戻してやったと。
 ところが、今度は裏返(うらがえ)しに入れてしまった。
 男は、見えることは見えるのだが、何が見えているのか、よく判(わか)らん。不思議に思うていたら、どうやらおのが身体(からだ)の中が見えているらしいと気がついた。
 さあ、そうなると面白(おもしろ)くてならん。身体の隅(すみ)から隅までたどって観(み)たと。

 身体の仕組(しく)みやら加減(かげん)やら、様々(さまざま)理解(わか)るようになった男は、病気ひとつしなくなって、とうとう五臓六腑(ごぞうろっぷ)を扱(あつか)う評判(ひょうばん)の医者殿になったと。

  どんびすかんこねっけど。
 
犬の眼挿絵:かわさき えり




宮城県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

三日月の滝(みかづきのたき)

三日月の滝(みかづきのたき)

昔、昔、今からおよそ千年もの昔のこと。京の都に、清原朝臣正高(きよはらのあそんまさたか)という横笛(よこぶえ)の名人がおった。正高は、笛の音色(ねい…

この昔話を聴く

北風長者(きたかぜちょうじゃ)

北風長者(きたかぜちょうじゃ)

むかし、大阪の鴻池(こうのいけ)の長者(ちょうじゃ)と、兵庫の漁師の蛸縄(たこなわ)とりとが、四国の金毘羅道中(こんぴらどうちゅう)で親しくなったと…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!