うしになったじじばば
『牛になった爺婆』

― 宮城県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あったと。
 あるところに金持ちの欲深(よくぶか)爺(じじ)と婆(ばば)がいたと。
 ある晩(ばん)げのこと、旅の六部(ろくぶ)がやって来て、
 「どうぞ、ひと晩泊(と)めて下さい」
と頼(たの)んだと。

 欲深婆は、汚(よご)れた身成(みな)りの六部をひと目見て、
 「今夜、泊まり客(きゃく)があってだめでがす。隣(となり)さ行ってけろ」
と、すげなく断(ことわ)ったと。
 その隣に貧乏(びんぼう)な爺さんと婆さんが住んでいたと。気の毒(どく)な六部を見て、
 「何のお構(かま)いも出来ねえけんど、どうぞお泊まんなさい」
と、快(こころよ)く迎(むか)え入れたと。ほして、残りご飯を温(ぬく)めてご馳走(ちそう)したと。

 次の朝ま、婆さんが早々(はやばや)と起きて朝ご飯の仕度(したく)をして待っていたが、六部はなかなか起きて来ないのだと。
 心配になって、障子(しょうじ)の穴からそおっとのぞいて見たら、布団(ふとん)の上には、六部ではなくて大きな牛の形をした金のかたまりが、ピカピカ光って寝てあったと。
牛になった爺婆挿絵:かわさき えり

 貧乏な爺さんと婆さんは、いっぺんに大金持ちになったと。
 隣がにわかに福々(ふくぶく)しくなったのを見た隣の欲深婆が、
 「どうして金もうけしたや」
と聞いたと。
 爺さんと婆さんは、六部を泊めたら金の牛になっていたと話したと。
 ほしたら、欲深婆が、
 「おら家(え)も、今度六部が来たら必(かなら)ず泊まってもらうべ」
と言うたと。
 欲深爺と婆は、毎日門口(かどぐち)に立って、旅の六部が来ないものかと待ち構(かま)えていたと。
 ほしたらある日、汚(きたな)げな六部がやって来たので、
 「六部さん、六部さん、今夜ぜひ、おら家さ泊まってけろ」
と言うて、無理やり手を引っ張(ぱ)って、家に入れたと。

 ほして、残り物を集(あつ)めて、冷(ひや)っこいまんま食わせ、
 「六部さん、六部さん、疲(つか)れたろうから、早よ休め」
と、冷っこい煎餅布団(せんべいぶとん)に寝かせたと。欲深爺と婆は、
 「まんだ金の牛になってねか」
 「いんや、まだなってね」
 「まだか」
 「まだだ」
と言うて、何遍(なんべん)も何遍ものぞいて見たと。
 いくら経(た)っても金の牛になっていないので、二人で神棚(かみだな)の前にぺタッと座(すわ)って、
 「あの六部が、早く金の牛になりますように」
 「んだ、ピカピカ光る金の牛になりますように」
と、拝(おが)んでいたと。

 ほしたら、舌(した)がだんだん回(まわ)らなくなってきて、よだれがベロベロ流れて来たと。
 ほのうち、頭から角(つの)がニョッキリ生(は)えてきて、欲深爺と婆の方が牛になってしもうたと。

  こんで えんつこぱあっと さげた。
 
牛になった爺婆挿絵:かわさき えり

宮城県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

むかし、あるところに一人の若者がおったと。若者は畑仕事のあいまに駄賃(だちん)働きするほどの働き者だったと。ある日、若者が駄賃働きで隣(となり)村へ…

この昔話を聴く

山の者と町の商人(やまのもんとまちのあきんど)

山の者と町の商人(やまのもんとまちのあきんど)

むかし、ある山奥(やまおく)に村があったと。その村から、険(けわ)しい山坂をいくつも登ったり下ったりしたふもとに、お城下町(じょうかまち)があったと…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!