ひばりとうずらとよしきり
『ヒバリとウズラとヨシキリ』

― 宮城県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、ヒバリとウズラとヨシキリは、仲良(なかよ)く一緒(いっしょ)に暮(く)らしていたそうな。
 ある日、ウズラに用ができて町へ出掛(でか)けることになったと。
 ウズラは履(は)き物(もの)が無(な)かったので、ヒバリの草履(ぞうり)を借(か)りようと思った。


 「ヒバリさん、今日おれ町へ行かねばなんねくなったが、ちょっこら草履を貸(か)してくれんか」
 「この草履はおれの一張羅(いっちょうら)で、他(ほか)にかわりが無いから嫌(や)でがんす」
 「そんなこと言わんで、ちょこっとだから貸してくらっしぇ」
 「やんでがす」
 「ちょこっとだけ」
 ウズラはヒバリが嫌(や)だ嫌だと言うのを無理(むり)やり借りて、履いて町へ出掛けたと。


 その日はちょうど、市(いち)の立つ日で、町にはたぁくさんの人が出ておった。
 小っさいウズラは、何度も何度も踏(ふ)まれそうになったっと。右によけ、左によけ、ちょこまかちょこまかしているうちに、いつの間にか、ヒバリの大事な大事な草履が片一方(かたいっぽう)ぬげて、無(な)くなっておったと。
ヒバリとウズラとヨシキリ挿絵:近藤敏之


 「こりゃあおおごとだぁ、どうあっても見(め)っけなきゃあ」
 ウズラは、必死(ひっし)になって町のあちらこちらを探(さが)しまわった。が、どこへいったものやら、草履を見つけることができなかったと。

 おえおえ泣(な)きながら家に戻(もど)ったら、ヨシキリが走(はし)ってきて、
 「お前、どうして泣いているや」
て聞くから、泣きながら、
 「実は、町へ行ったらこれこれ、しかじかぁ……」
と、草履を無くした訳を話したと。
 「おれも探してやるから、ヒバリにおれもお詫(わ)びしてやるから。さ、さ、もう泣くな」
と言うて、一緒にヒバリにお詫びしたと。


 ヒバリはカンカンに怒(おこ)って、
 「それだから、おれ嫌んだって言ったんだ。おれの一張羅の草履なんだから、どうあっても探して持って来ねば、おれ堪忍(かんにん)しねえからな」
と言うた。

 ウズラとヨシキリは、それから毎日毎日、草履の片一方を探して歩いた。したけど、どんだけ探しても、どんだけ尋(たず)ね歩いても見つからなかったと。


 ウズラとヨシキリがヒバリに、
 「銭(ぜに)っこやるから」
と言うても、
 「かわりの草履を買(こ)うてやるから」
と言うても、ヒバリは『うん』と言わない。
 「何が何でも、あの草履返(け)えせ」
と、ウズラを叩(たた)いたり蹴(け)ったりするもんだから、ウズラとヨシキリは辛抱(しんぼう)しきれなくなって、隠(かく)れることにしたと。
 ウズラは草むらに隠れ住(す)み、ヨシキリは藪(やぶ)の中に隠れ住んだと。

 
 昔、こんなことがあったもんだから、今でもヒバリは空高く舞(ま)いあがって、ウズラとヨシキリを探しては、
 「まだ草履片一方見つからねえか、返せ返せ、ピーチク、パーチク」
と言うて、叫(おら)んでいるのだと。
 
ヒバリとウズラとヨシキリ挿絵:近藤敏之


 ヨシキリはヨシキリで、
 「ゲェジ、ゲェジ、カラゲェジ。草履片べら、なんだんべえ」
と、ウズラを勇気(ゆうき)づけてやっているんだと。

  えんつこ もんつこ さげえた。

宮城県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

元取山(もとどりやま)

元取山(もとどりやま)

むかし、ある山にほら穴があってな、麓(ふもと)の村の者は、このほら穴から、お客用のお膳(ぜん)やお椀(わん)を借りとったそうな。ほら穴の前で、ポンポ…

この昔話を聴く

北風長者(きたかぜちょうじゃ)

北風長者(きたかぜちょうじゃ)

むかし、大阪の鴻池(こうのいけ)の長者(ちょうじゃ)と、兵庫の漁師の蛸縄(たこなわ)とりとが、四国の金毘羅道中(こんぴらどうちゅう)で親しくなったと…

この昔話を聴く

現在645話掲載中!