きつねのよめいり
『狐の嫁入り』

― 宮崎県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある村にひとりの男があったと。
 山道を歩いていたら、日が照っているのに雨がパラパラ落ちてきた。天を仰(あお)いで、
 「ほ、こりゃ狐(きつね)の嫁(よめ)入り日じゃ」
いうとったら、いつの間にやら、少し先を娘が歩いちょる。それが振(ふ)り向いて、ニコウとほほ笑(え)んだ。
「えらいべっぴんさんじゃぞ」
 娘は男の先を遠くもなく、近くもなく、科(しな)よく歩いてはニコウと振り向く。そのたんびに男はどぎまぎした。


 娘が雑木林(ぞうきばやし)の木の枝を手折(たお)って髪(かみ)に差した。
 一本差すと一本がかんざしになった。
 二本差すと二本がかんざしになった。
 太い木に触って幹をひと巡りしたら、金襴緞子(きんらんどんす)の衣装(いしょう)を纏(まと)った、みごとな花嫁(はなよめ)さんになった。
 「ややぁ、おかしいぞ。あの娘は狐じゃなかろうか」
 男は目をパチクリさせて見ていたと。 
狐の嫁入り挿絵:かわさき えり
 


 そうこうするうちに、向こうの竹藪(たけやぶ)のなかから、狐顔(きつねがお)の、仲間らしいのがぞろぞろ出てきた。それらは長持ちをかつぎ、駕籠(かご)をかつぎして花嫁さんのそばに控(ひか)えた。みんな立派(りっぱ)な紋付(もんつ)きの着物(きもの)を着ていた。
 「やっぱり、こりゃ、狐の嫁入りじゃが。こんなんは滅多(めった)に観(み)られんこんだ」
 男は嬉(うれ)しくなって、狐の嫁入り行列(ぎょうれつ)について行ったと。


 嫁入り行列は、ながながと山の奥へと続いて、やがて、おおきな藁葺(わらぶ)き屋根の家の中に入って行った。男は、
 「ここで祝儀(しゅうぎ)があるんかい。見物しちゃろ」
ちゅうて、家の周囲(しゅうい)をぐるり廻(まわ)った。
 「どこかにのぞき穴(あな)は無(ね)えどかい」
ちゅうて探したら、やっと、頭の上あたりにのぞき穴が見つかった。
 「よしよし、ここからのぞけば狐の嫁入り祝が見ゆるぞ」
ちゅうて、石段(いしだん)に足をかけて伸びあがり、壁(かべ)の穴をのぞきこんだ。


 家の中では立派なお膳(ぜん)が並び、祝いごとが始まっていた。
 「ほう、まこちみごとなもんじゃ。人の祝言事(しゅうげんごと)と変わっとらん」
ちゅうて見入っていたら、足が強張(こわば)ってきた。
 「どれ、一服しよう」
ちゅうて、煙管(きせる)に刻みタバコを詰(つ)め、火をつけた。プカリ、プカリやっていたら、あたりの景色(けしき)が変わってきた。
 
「妙なこっちゃ。藁葺(わらぶ)きの家が無(の)うなった。ありゃ、こりゃお宮じゃねぇかい」
 まわりをよおっく見ると、石段だと思っていたのは石灯籠(いしどうろう)のしたの台で、罰当(ばちあ)たりにも、そこに登って燈籠(とうろう)の丸い穴を覗いていたのだった。燈籠の穴からお宮の屋根が見えていたと。
 男は、狐だとわかっていたのに、それでも化かされていたのだと。

 
狐の嫁入り挿絵:かわさき えり

 狐に化かされたときは、タバコを吸えば正気になる、って昔の人がよう言うちょった。
 
 こりぎりの話。

宮崎県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猫又(ねこまた)

猫又(ねこまた)

猫ってのは古くなると猫又という化け猫になるっちゅな。猫又になると、じゃけんにしていた飼い主には祟(たた)るというし、可愛がってくれた飼い主には祟るよ…

この昔話を聴く

天狗さまの鼻はなぜ赤い(てんぐさまのはなはなぜあかい)

天狗さまの鼻はなぜ赤い(てんぐさまのはなはなぜあかい)

むかし、むかし。あるところに大きな松の木があって、その木に天狗(てんぐ)さまがいたと。ある日のこと、村のひとりの子供が松の木の下で、「天狗さまござる…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!