にせのきしゃ
『偽の汽車』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 むかし、というても、ちょっとむかし。そう、今から六十年前のこと。長野県の篠ノ井(しののい)と塩尻を結ぶ、国鉄、篠ノ井線の話だ。

 空が曇り、月の見え隠れするある夜、篠ノ井へ向う下り列車が明科(あかしな)を過ぎ、白坂(しらさか)トンネル付近にさしかかったとき、運転士と助手は遠くから汽車の走ってくる音を聞いた。
 この時間、ほかに走る汽車はない。二人が前方を注意して見ていると、暗い中でも、はっきりと汽車の姿が見えた。
 「キ、キ、キ、キシャだ!」
 「ていし―!」 

 挿絵:かわさき えり
 二人はあわてた。なにしろ、レ―ルが二本しかない単線だから、そのまま進めば正面衝突をする。運転士は急いで、ピ―、ピ―、ピ―と非常汽笛を鳴らし、急ブレ―キをかけた。向こうの汽車も、ピ-、ピ―、ピ―と非常汽笛を鳴らし、急ブレ―キをかけた。やっとのことで二つの汽車は止まった。 

 フッと溜息をついた運転手は、一安心して、汽車を後戻りさせた。そうしたら、向うの汽車も後戻りをする。前へ進むと、前へ進んでくる。まるで、鏡で映したように同じことをする。
 そのうちに乗客たちは騒ぎ出すし、時間も大分遅れてしまった。どうしたもんかと思っていると、向うの汽車がペカリと消えてしまった。運転手と助手は、
 「何が何だか、さっぱりわからん」
といいながら、また、汽車を走らせた。終着駅についたので、二人は駅員たちに、今夜の出来事の一部始終を話して聞かせた。そうしたら、
 「二人して、寝ぼけたのだろう」
と、駅員たちからは馬鹿にされるし、偉い人からはしかられるし、さんざんな目にあった。
 それからというもの、空が曇り、月の見え隠れする夜は、きまって、同じ場所に、不思議な汽車が現れた。そのうわさが、運転手の間にひろがり、月の見え隠れする夜は、どの運転手も篠ノ井線を走るのをいやがった。 

 そんなある夜のこと、下り列車が白坂トンネル付近にさしかかった。そうしたら、案の定(じょう)、汽車の音がして、前方に汽車の姿が見えた。助手が、
 「うわさの汽車が出ました」
と言うと、肝っ玉の太いそのときの運転手は、
 「ええい、進行だ!」
と言って、汽車を全速力で走らせた。向うの汽車も全速力でやってくる。二人が、

挿絵:かわさき えり

 「しょ、しょ、正面衝突だぁ!」
とさけんだら、突然、向うの汽車が消えて、
 「ギャ-」
という声がした。
 翌日の朝、一番列車の運転手は、一匹のキツネが、線路の脇で死んでいるのを見たという。 偽の汽車の正体は、鉄道ができて、すみ家を追われたキツネだったわけさ。

 それっきり。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

夫婦のむかし(みょうとのむかし)

夫婦のむかし(みょうとのむかし)

昔、昔の大昔。なんでも、人間ははじめ、夫婦(みょうと)が背中あわせにくっついて生まれてきていたそうな。あるときのこと、大勢の人間たちが集まって、神さ…

この昔話を聴く

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

むかしむかしの大昔。森の奥で鳥の鷹(たか)たちが大勢集まって、酒盛(さかも)りを開いて、賑(にぎ)やかに飲んだり歌ったりしていたと。何でも、鳥の王様…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!