ふくろうのそめものや
『梟の染物屋』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大むかし。フクロウは染物屋だったと。
 店は、たいした宣伝もせんのに、えらくはんじょうしたそうな。
 朝はまだ日の出んうちから、色んな鳥がやって来て、思い思いの色や模様に染めてもらっては、得意がっておった。
 それを聞いたカラスは、
 「そんなに評判の染物屋なら、ひとつ、わしもお願いしてみるか」
というて、やって来たと。
 カラスは、その頃はまだ真っ白い身体(からだ)をしておったそうな。
 「フクロウどん、わしの羽をいい模様に染めてくれや」 

 挿絵:かわさき えり
 「いいとも、いいとも。わしの腕によりをかけてやってみんべえさ だども、カラスどんよ、しばらくの間動いちゃぁなりませんぞ。
 動くと模様がうまく描(か)けませんでのう」
 フクロウは筆に墨(すみ)をどっぶりとふくますと何やら模様を描きはじめた。
 ところが、カラスはくすぐったくてたまらん。
 フクロウが筆を動かすたびに、身体をよじる。 

 「カラスどん、あれだけ言うたのに、なぜ動くんじゃ。ほれ見なされ、失敗したでねえか。えい、いっそ、こうしてやる」
 フクロウはカラスを真っ黒に染めてしまったと。
 店先にいた他の鳥たちは、真っ黒になったカラスを見て、笑って馬鹿にしたそうな。
 カラスは、
 「このフクロウの阿呆たれめ、腹が立ってならん」
と怒ったが、どもならん。それからというもの、カラスは、毎日フクロウの店にいっては、
 「もとの白い羽返せ」
と声高(こわだか)にさけぶんだと。
 フクロウはカラスが恐くてならん。カラスの出歩く昼間は、ボロ手拭でほおっかぶりをして、木の穴の中でじいっとうずくまっているようになったと。
 フクロウは夜になると、「ノリツケホッホ、ノリツケホッホ」って、一声ずつくぎって低い声で喘ぐけれど、あれは、カラスが目をさまさないようにしているんだと。

 そればっかり。 

 挿絵:かわさき えり

 
 

長野県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

亀と虻の援助(かめとあぶのえんじょ)

亀と虻の援助(かめとあぶのえんじょ)

昔、あるところに一人の若者があった。旅に出て、とある浜辺で弁当を食うていたら、子供たちが、小(こ)んまい亀を捕らえて棒っ切れで突っつきはじめた。「お…

この昔話を聴く

茗荷もの忘れ(みょうがものわすれ)

茗荷もの忘れ(みょうがものわすれ)

むかし、あるところに一軒の宿屋があった。この宿の主人はとても欲が深く、部屋に忘れもんがあると、みんな自分のものにしてしまうような人だったと。あるとき…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!