きじょもみじ
『鬼女紅葉』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、奥州(おうしゅう)の会津(あいづ)に笹丸(ささまる)と菊世(きくよ)という貧しい夫婦(ふうふ)が暮らしていたと。
 二人には子供がなかった。
 それで毎日毎日第六天(だいろくてん)の魔王(まおう)に手を合わせ、
 「どうか赤児(あかご)を授(さず)けて下され」
と、祈願(きがん)しておったと。
 そしたらある朝、菊世が笹丸に、
 「父(と)っちゃ、父っちゃ。おら、夕(ゆ)んべいい夢見た」
と、嬉しそうな顔をしていうた。 

 「どんな夢だ」
 「第六天の魔王様が出てきた」
 「ほえっ、で、どうした。早よ言え」
 「おらたちの願いを叶えてやる、いわれた」
 「なんと」
 「そのあと、たくさんの光りに包まれて、おら、身体がふわぁっと浮いたような、えもいわれぬいい気持になった」
 「ほうか、ほうか。願いを叶えてやるってか。光りに包まれたってか。ええ夢じゃのう」
 二人は、第六天の魔王に手を合わせて、
 「どうか正夢(まさゆめ)でありますように」
と拝んだと。
 そしたら、日が経つにつれて菊世の腹が大きくなって来たと。
 やがて月満(つきみ)ちた頃合いに、本当に赤児が産まれた。美しい女児(おなご)であったと。
 二人は、この児に呉葉(くれは)と名付けて、大事に育てたと。 

 呉葉が年頃の娘になると、輝くばかりの美しさと琴のうまさが、近隣(きんりん)はもとより遠国(おんごく)にまで評判になって、あちこちの長者や領主たちが、我が息子の嫁に欲しいと言ってきた。訪れる者皆々、金子(きんす)だのサンゴの髪飾りだの高価な品々を置いていく。呉葉の家には、たくさんの金銀財宝が貯(た)まったと。

挿絵:かわさき えり
 

 笹丸と菊世は財宝を前にしてだんだん欲が出て来た。
 「京へ上がればもっといい話があるにちがいない」
 三人はありったけの金銀財宝を持って、ある夜こっそり、京へ上がったと。
 家を買い、呉葉の名前を紅葉(もみじ)と変えて、琴指南(ことしなん)の看板をかかげたと。
 琴の調べも姿形(すがたかたち)も美しい紅葉のうわさは源経基(みなもとのつねもと)の奥方にもきこえて、奥方の琴指南をたのまれた。
 奥方に琴を教えていると、その席にはきまって経基がいるようになり、そのうち経基が紅葉の家を訪れるようになった。いつしか二人は深く愛しあうようになったと。
 二人の仲を知った奥方は、胸をかきむしってくやしがった。
 「紅葉にくし。あやつさえおらなんだら」
 紅葉は奥方の激しい嫉妬(しっと)をうけ、ついに戸隠(とがくし)の岩屋(いわや)に流されてしまったと。両親までも家と財産を押えられて裸一貫(はだかいっかん)で放り出されたと。 

 戸隠に流された紅葉は経基と両親を想わぬ日はなかったと。
 そんなある日、紅葉は、両親が乞食(こじき)となって死んだことを報(し)らされた。
 紅葉は悲しみのあまり、ついに狂って鬼女(きじょ)の正体を顕(あら)わした。そして村々を荒しまわったと。
 村や里の人達が困っているのを帝(みかど)が知ると、時の将軍・平維持(たいらのこれもち)に、鬼女になった紅葉を退治するように命じたと。
 戸隠へやってきた維持は、矢を射(い)り、槍で突いたが、紅葉にかすり傷ひとつ負わせることも出来なかった。
 紅葉がついに鬼神(きしん)となって空中に舞い、火を吹いて、いまにも維持に飛びかかろうとした。維持は、もはやこれまでかと思い、
 「なむ戸隠大権現(とがくしだいごんげん)」
と念じたと。そしたら戸隠の奥(おく)の院(いん)から目をおおうほどの光が放たれ、紅葉がドオーッと地に落ちたと。
 そこをすかさず刀を突き刺したら、紅葉は、
 「口惜しや」
と、一声残して死んだと。 

 挿絵:かわさき えり
 こんなことがあってから、紅葉がいた村を鬼が無い里と書いて「鬼無里(きなさ)」と、今でも呼んでいるんだと。

 おしまい。 

長野県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

金の鳩(きんのはと)

金の鳩(きんのはと)

昔々、あるところに、太郎と次郎と三郎がおったと。あるとき太郎は山へ薪(たきぎ)とりに出かけたと。昼どきになって握り飯をほうばっていたら、白(しろ)い…

この昔話を聴く

座敷わらし(ざしきわらし)

座敷わらし(ざしきわらし)

昔、あったけど。昔、ある村に親方衆(おやかたしゅう)の婆(ばば)がおったけど。ある日、婆は、間もなく昼になるので畑で働いている家の者へ昼飯届けるかな…

この昔話を聴く

現在598話掲載中!